イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

【山口県】錦帯橋の歴史や見所をわかりやすく!アクセス、駐車場は?

 

2018年10月に秋篠宮同妃両殿下が錦帯橋を御視察になられたというニュースがあった、

山口県岩国市にある錦帯橋

 

日本を代表する木造の橋で、

四季それぞれ違った趣の美しい景色を楽しませてくれます。

 

現在、世界遺産登録を目指し、専門家を交えて協議されており、

その美しいアーチ橋は山口県の人気観光地です。

 

今回はそんな錦帯橋の歴史と見所、アクセスについてわかりやすくご紹介します。



錦帯橋の歴史をわかりやすく解説

 

関ヶ原の戦いの後、岩国を治めることになった吉川広家は、

岩国に幅200mの錦川を外堀とした、防御力の高い城下町を作りました。

 

 

そのため、城下町の内外をつなぐ橋は必須でしたが、

当時の橋はもろく、たびたび流されていました。

 

藩主が代替わりしても、流されない橋の研究は続き、

広い川幅の途中にいくつも小島をつくり橋脚とし

その間に小さなアーチ橋をいくつも架けることにしました。

 

一度はその橋も流されてしまいましたが改良し、

1674年に再建されたアーチ橋は、その後276年人々を渡し続けました

 

しかし昭和25年、キジア台風で流出

 

その後、橋脚の基礎をコンクリートにするなど改良を加えて原型をとどめて再建

架け替え・張り替えをくり返しながら、今に至ります



錦帯橋の構造は?

 

錦帯橋は、第1橋から第5橋からなる全長193.33mの橋です。

 

両端の第1橋と第5橋は反りのある桁橋構造で、

真ん中の3つの第2,3,4橋はせりもち式と呼ばれるアーチ橋になっています。

 

使われている木材は6種類で、使われる場所によって使い分けされています。

 

その6種類とは、マツ、ヒノキ、ケヤキ、ヒバ、クリ、カシです。

 

残っている構造図で最古のものは、創建から26年後の1699年のもので、

創建時からの修復記録はほぼ完全に残されており、

改良はされてきているものの、形状と意匠はそのまま変わっていません。

 

歴代の大工棟梁の名前も残されていて、

定期的な架け替えを繰り返す間にも、その技術が口伝で継承されてきました。

 

構造や修復の歴史もたどれる橋なのですね。



錦帯橋の見所をわかりやすく解説

 

錦帯橋は四季折々の美しさが見所

 

錦帯橋は、日本さくら名所100選に選ばれている、桜の名所です。
約3000本のソメイヨシノが咲き、夜桜も楽しめます。

毎年4月29日には「錦帯橋まつり」が開催されています。

 

夏は毎年8月の第1土曜日に錦帯橋周辺で「錦川水の祭典」が開催されます。

約6000発の打ち上げ花火が上がり、錦帯橋と重なる花火は美しく迫力満点です。

また、鵜飼いも夏の風物詩です。

 

秋は、美しく色づいた紅葉と錦帯橋を1枚の写真におさめてみてはいかがでしょう?
11月末から12月頭にかけてがもみじの紅葉の時期です。

 

雪化粧をほどこされた錦帯橋はとても素敵です。
積雪の中の旅はなかなか大変ですが、雪の錦帯橋は見応えがありますよ。
チャンスがあったらぜひ行ってみてくださいね。

 

錦帯橋は、その構造も見所

錦帯橋の写真というと、やはりアーチが連なる写真が多いのですが、

それと並んで撮られるのが、橋の裏側です。
木造の橋の、見事な木組みが見られます。

 

アーチの弧を楽しむ

見ても楽しめますが、実際に渡ってみましょう。

斜面は階段状になってはいますが、

「雨・雪の日はすべりやすいのでご注意ください」という案内もあり、

ちょっと急ですから、小さいお子さんを連れている場合は気を付けて渡ってくださいね。



錦帯橋の営業時間と料金は?

営業時間

基本的には8:00から17:00です。

夏は19:00まで、観光シーズンは18:00までです。

 

入橋そのものは24時間OKですが、

22:00から消灯してしまうのでお気をつけて。

 

料金

往復のみで、中学生以上300円・小学生150円です。

 

錦帯橋と、ロープウェイ往復・岩国城のセットチケットは、

中学生以上が940円で170円お得、小学生が450円で70円お得になっています。

 

ちなみに、夜渡る時は料金所に担当者がおらず、夜間料金箱が置かれているのだそうです。



錦帯橋へのアクセスは?

 

飛行機をご利用の場合
羽田空港から岩国錦帯橋空港まで95分

 

新幹線をご利用の場合
東京から新岩国まで4時間
新大阪から新岩国まで2時間
広島から新岩国まで16分
博多から新岩国まで90分

 

バスをご利用の場合
新幹線・新岩国駅から12分
(1時間に1~2本)

JR岩国駅から15分~25分
(10~15分ごとに運行・経由するルートにより所要時間がかわる)

錦帯橋バスセンターから徒歩1分です。

 

お車をご利用の場合
山陽自動車道・岩国インターより6分

カーナビ登録は
「岩国市観光協会(TEL/0827-41-2037)」を入力

河川敷駐車場から徒歩1分です。
河川敷駐車場は、観光客の多い日は有料で300円です。
花火大会の日は1000円に変更になります。



錦帯橋とは? おわりに

ここまで、山口県岩国市の観光名所・錦帯橋の歴史と見所、アクセスについてご紹介しました。

 

錦帯橋は日本三名橋のひとつと言われています。

また、「美しい日本の歴史的風土100選」にも選定されています。

 

長い間改良され続け、定期的に架け替えをして大事に守られてきた橋でもあります。

 

なかなかほかには見られない形状の美しい橋ですから、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!