イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

2020年開始!Facebookの仮想通貨リブラとは?買い方は?

消費税増税を機に令和の日本では破竹の勢いで電子マネーが頭角を現し、

 

買い物の流れが大きく変わり始めました。

 

また、数年前から話題の「仮想通貨」の世界も大きな変化の兆しが見えてきました。

 

今回は仮想通貨の中でも2020年に運用が開始される

 

Facebookの「リブラ」(libra)についてまとめました。

 

仮想通貨初心者にもわかりやすくご紹介していきます。

 



 

そもそも仮想通貨って何?

仮想通貨の代名詞とも言えるのが『ビットコイン』。

 

この手の話に興味がなくてもその名前を耳にしたことはあるでしょう。

 

仮想通貨を大きく種類分けする場合には

 

  • 『ビットコイン』
  • 『アルトコイン』

 

の2つにくくられます。

 

アルトコイン』とはビットコイン以外の全仮想通貨を指し、

 

2018年時点でも世界に2,000種類ほどがあると言われています。

 

アルトコインの中にはほとんど価値のない詐欺のようなコインもあれば、

 

人気がなくて消滅してしまうものも存在する一方、

 

ビットコインよりも優れた機能や特性を持つものもあります。

 

どの仮想通貨で取引するかを考える場合には

 

それぞれの強み弱みをしっかり理解しておくことが大切です。

 

新たな仮想通貨『リブラ』とは?

そもそも仮想通貨とは世界共通の便利なお金として誕生したのですが、

 

現状ではその実用性よりも投資目的で利用されることがほとんどです。

 

そんな中、リブラはそういった仮想通貨とは一線を画し

 

実用面を重視した設計になっています。

 

仮想通貨が投資のアイテムとして扱われがちな理由のひとつに

 

その価格変動の大きさがあります。

 

ビットコインにもアルトコインにも仮想通貨を発行する上で

 

裏付けされた資産というものがありません。

 

そのため受給に応じて価格が大きく変動します。

 

対するリブラには、

 

  • ドル
  • ユーロ
  • ポンド

 

などと連動することが想定されているため、

 

これまでの仮想通貨にはなかった裏打ちされた資産があることで、

 

価格変動が起こりにくい仕組みになっており、実用性の高いお金になると思われます。

 



 

リブラは世界金融のインフラを変える!

ここまで聞く限りでは、

 

わざわざリブラを使わずとも今までの通貨で事足りるように感じます。

 

確かに日本国内だけでやり取りをするのであれば

 

当面、法定通貨があればとりたてて不自由することはなさそうです。

 

しかし、世界的に見た場合には話が違ってきます。

 

日本人にとって銀行口座を持つことは当たり前の感覚ですが、

 

世界には口座を持たない人17億人もいると言われています。

 

仮想通貨がなければこれらの人とのお金の受け渡しには

 

現地で直接やり取りするしかないということになります。

 

例え口座を持っている者同士であっても、

 

  • 送金手数料が1回につき数千円かかる
  • 着金までに数日かかる

 

などがほとんどです。

 

この役割を仮想通貨が担った場合には、

 

  • 手数料は数円~数十円程度
  • 着金も数分

 

で完了します。

 

リブラはこれまでの投機面重視だった仮想通貨よりも

 

実用面に特化した設計になっているため広く普及することが見込まれており、

 

世界の金融インフラが加速的に整備されていくのではないかと期待されています。

 

リブラの買う方法が知りたい!

他の仮想通貨に比べて使い勝手が良さそうなリブラ。

 

ですが、2020年1月現在まだリブラを購入することはできません

 

2020年12月までには実装予定になっていますが、

 

詳細についてはまだ明かされていないため

 

現段階では予測の範囲内でお話していきます。

 

まず入手方法としては「取引所での購入」が確実でしょう。

 

リブラが海外の取引所で上場した場合は、既存の仮想通貨と交換ができるので、

 

あらかじめビットコインなどの仮想通貨を準備しておくと

 

スピーディーにリブラを入手することが出来ます。

 

また、国内仮想通貨取引所である「コインチェック」を運営する

 

マネックスグループがリブラ協会への参加を予定しています。

 

あくまで予定ではありますが、いち早くリブラの購入を希望している方

 

取り急ぎコインチェックに登録だけでも済ませておく

 

その後の手続きがスムーズになる可能性があります。

 

なお、リブラプロジェクトには

 

決済面に関連する企業が多数参加することが予想されています。

 

リブラ専用ウォレットなどを利用することで

 

簡単に決済が完了するシステムも構想されており、

 

これが実現すれば日本でも活用できることになります。

 

この形が普及すれば仮想通貨はより身近で便利なものとして

 

急速に広がっていくと思われます。
 



 

2020年開始!Facebookの仮想通貨リブラとは?買い方は? まとめ

いかがでしたか?

 

2020年がスタートした現在に至っても

 

まだまだベールに包まれたままの謎多き「リブラ」

 

Facebookが運用するということで、

 

そのユーザーを中心に

 

  • 爆発的に利用者が集まるものなのか
  • それほどの人気にはならないものなのか

 

意見が分かれるところでもあります。

 

あなたはどんな印象を持たれましたか。

 

今年は金融に関することに興味を持って調べてみるのもいいかもしれませんね。

 

未来の便利な通貨「リブラ」をいち早く活用してみてはいかがでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!