イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

ねぶた祭りで駐車場を確保するには?おすすめの穴場をご紹介します

 

「東北三大夏祭り」の一つに数えられるねぶた祭は、青森のねぶた祭が有名で、ぜひとも人生1度は訪れたいところ。

 

毎年8月2日から7日の6日間行われ、期間中約300万人の人が青森の街に訪れます。

 

そうなると、公共交通機関を利用する方がおすすめですが、

 

仕事の関係上だったり、

 

彼女が車じゃないといきたくなかったり、

 

どうしても車で訪れる必要がある場合もありますよね。

 

そこで、今回はごった返すねぶた祭りでクレバーに駐車場を確保するにはどうすればよいか、おすすめの穴場も含めてご紹介します!



ねぶた祭りで駐車場を確保するには?

青森の駅周辺の駐車場は、昼頃までであれば十分空きを探すことができます

 

しかし、会場付近の駐車場は、祭り終了後は来場者が一気に帰宅するため、

 

停められたとしても帰りが混雑で出られません

 

道路は、高速道路に乗るまでに多少の渋滞は発生しますが、

 

それほど気になるレベルのものではありません。

 

会場周辺さえ避ければ初めて行く方でもスムーズに移動できるでしょう。

 

なので、駐車場はその辺も考慮して探すといいでしょう必要があります。

 

ねぶた祭り会場のなるべく近くに止めたい場合は?

運行コース上に

 

  • 柳町地下駐車場
  • 長島地下駐車場

 

他有料パーキングはたくさんあります。

 

ただし運行コース周辺は車両が通行止めになりますので、

 

ねぶたが始まる30分位前からと、終わるまで車は出せません

 

それを覚悟の上で、早々と青森駅東側の地下駐車場に入り、

 

帰りはねぶたの混乱が終わるまで待つ手も有ります。

 

ねぶたは終わると直ぐに4号線が解放されます。

 

1時間半待てば出れるようになるでしょう。

 

青森駅前駐車場の料金のほとんどが1時間200円です。

 

とりあえず臨時駐車場をチェック

 

 

青森操車場跡地北側

 

  • 利用時間:11:00~23:00
  • 移動時間:ねぶた運行コースまで 徒歩約15分
  • 料金:500円

※ここは夕方でもまだ空きがあることで知られています。

 

サンロード青森

 

  • 利用時間:10:00~22:00
  • 移動時間:ねぶた運行コースまで 徒歩約25分
    行きはマイクロバスで会場周辺まで無料送迎してくれます。
  • 料金:無料

 

国道103号線(通称『観光通り』)沿いの商業施設『サンロード青森』の駐車場が、

 

祭期間中には臨時無料駐車場となります。

 

行きはサンロード青森からNTT青森(国道4号交差点)まで

 

無料マイクロバスで送迎してくれます。(ハネト参加者も乗っています)

 

帰りはタクシーなどを利用するか、徒歩になりますが、

 

NTT青森から南へまっすぐ一本道なので迷うような道ではありません。

 

イトーヨーカドー青森店(屋上)(普通車専用)

 

  • 利用時間:10:00~21:30
    ※22:00以降の車の出し入れは不可(22:00に駐車場シャッターが閉鎖)
  • 移動時間:ねぶた運行コースまで車で約10分
  • 料金:無料

 

こちらは、16:30くらいまでに停めないと満車になる可能性があります。

 

帰りは、交通規制で身動きができなくなる事がないようにしてください。

 

臨時駐車場から、青森港で行われる花火を目当てにしている人は

 

徒歩1時間以上の距離になります。

 

青森操車場跡地北側からタクシーで向かう必要があります。



ねぶた祭り おすすめの穴場駐車場は?

 

 

青森駅近く複合型ビル「アウガ」

 

  • 青森市新町1丁目3番7号
  • 営業時間:5:00~23:00
  • 収容台数:522台
  • 駐車代金:駐車始め30分まで110円、以降30分までごとに100円加算
    (夜間駐車料金 20:00~翌8:00まで630円)

 

青い森セントラルパーク

 

  • 青森市浦町橋本
  • 収容台数:150台
  • 料金:無料

 

ねぶた祭り会場から歩いて25分程の所に、広大な敷地の公園があります。

 

ここまで歩けるようでしたら、会場周辺から離れるので、混雑回避にはなります。

 

最終手段にしてもいいかもしれません。

 

2駅となりの「東青森駅」が穴場

青森駅から二つ隣の東青森駅で駐車場を確保するのも、混雑回避にはおすすめです。

 

東青森駅〜青森駅間は青い森鉄道を利用しますが、

 

祭り期間中は臨時列車1日10本運転されます。

 

東青森駅には駅前にスーパーやホームセンターの駐車場があり、

 

夕方16時頃までに行けば、駐車可能なことが多いです。

 

ホームセンター「DCMホーマック」

 

  • 青森市田屋敷増田16−2
  • TEL:017-765-5900
  • 営業時間:9:00~20:00
  • 料金:無料

 



ねぶた祭りで駐車場を確保するには?おすすめの穴場 おわりに

 

青森ねぶた祭りは、6日間の期間があるのですが、

 

2日3日は町内会の子供ねぶたが出ます。

 

「ザ・ねぶた」と言われる、主役の大型ネブタは4日から7日22台が出陣します。

 

5日ねぶた大賞が決まる日、6日夜の祭りのフィナーレ

 

7日花火大会という日程です。

 

なので、どうしても混雑を避けたいのであれば、2〜3日に祭りに参加して雰囲気を味わい、

 

「ザ・ねぶた」は青森駅前の「ねぶたの家 ワ・ラッセ」に展示されているので、

 

そこでゆっくり見学するのも混雑回避の方法です。

 

4日以降に行くなら、時間との勝負です。

 

お昼頃までなら駐車場の空きはあるので、目指す観覧場所を決めてから駐車場に向かい

 

15時までには入庫するようにしましょう。

 

15時あたりからかなり駐車場が埋まっていくので、その前には駐車した方が安心です。

 

帰りも早めに切り上げるのが渋滞回避になります。

 

ちょっと物足りないかもしれませんが、20時頃には会場から出ると渋滞に巻き込まれません

 

スムーズに移動できると気持ちいいですよね。

 

ぜひ、参考にして楽しんできてくださいね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!