イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

血糖値スパイクとは?対策や眠気との関係をわかりやすくご紹介します

突然ですが、あなたは健康診断の結果に異常がなかったにもかかわらず、

 

血糖値の上昇が原因で起こる症状があることをご存じでしょうか?

 

このような状態を「血糖値スパイク」といいます。

 

血糖値スパイクという言葉が耳慣れないのは、

 

最近の研究で発見されたからで、

 

今回は、その対策や眠気との関係をわかりやすくご紹介します。

 



 

血糖値スパイクとは?

血糖値」とは血液中を流れる糖分の量を示すもので、

 

一般的な健康診断の検査項目にも入っていますよね。

 

これが一定値より高い状態が続くと「糖尿病と診断されます。

 

ところが最近の研究で、糖尿病ではない人の中に、

 

普段は正常だが、“食後の短時間だけ”血糖値が急上昇する

 

という現象が起きていることがわかってきました。

 

この食後の短時間に急激に血糖値が上昇し、また正常値に戻ることを

 

血糖値スパイク」と呼ぶのです。

 

血糖値スパイクの症状になると、

 

糖尿病と同様に体内の重要な血管が傷つけられ

 

  • 脳梗塞
  • 心筋梗塞
  • がん
  • 認知症

 

などのリスクも高まります。

 

血糖値スパイクは糖尿病の前兆?

糖分は脳や筋肉のエネルギーの中心となる大切な栄養素ですが、

 

血糖値が一定より高い状態が続くと「糖尿病」と診断されてしまいます。

 

血糖値スパイクは、糖尿病と診断される前の段階です。

 

通常は緩やかに上昇するはずの血糖値が食後に急激に変動します。

 

グラフにすると、スパイク(=くぎ)のようにとがった線を描くので、

 

血糖値スパイクと名付けられたそうです。

 

この場合、時間がたつと正常値に戻るため、

 

異変に気付かないまま放置してしまう危険があるから怖いのです。

 



 

血糖値スパイクの対策は?

この恐ろしい「血糖値スパイク」も、

 

最新の研究では簡単な食事や生活の工夫によって、

 

たちまち解消できることがわかってきています。

 

対策1: 食べる順番は「野菜」⇒「肉・魚」⇒「ご飯・パン」

食物繊維を多く含む野菜などを最初に食べると、

 

食物繊維が腸の壁をコーティングし、

 

後から糖が入ってきた時に、その吸収をゆっくりする作用があります。

 

その次に食べるなら、タンパク質脂質を含む肉や魚など。

 

胃から腸へ運ばれる際、タンパク質や脂質に反応して

 

インクレチン」というホルモンが放出され、

 

その働きで胃腸の動きが遅くなります

 

その後にご飯やパンなど糖質を含むものを食べれば、

 

消化吸収に時間がかかるため、血糖値の上昇が緩やかになるのです。

 

とはいえ、糖質をたくさんとれば、やはり食後の血糖値の過剰な上昇を招きます。

 

糖のとりすぎには気をつけましょう

 

対策2 :「朝ごはん」はちゃんと食べよう!「ごはん抜き」は厳禁

実験によれば、1日3食を規則正しく食べている時には

 

「血糖値スパイク」が生じなかった人でも、

 

朝ごはんを抜くと、昼食の後に“血糖値スパイク”が発生

 

朝食も昼食も抜くと、

 

夕食の後にさらに大きな“血糖値スパイク”が生じてしまうことがわかりました。

 

つまり、しばらく何も食べずにいた後の食事では、

 

「血糖値スパイク」が一層起きやすくなるのです。

 

忙しくてもきちんと3食食べることが、

 

「血糖値スパイク」を解消する重要なポイントです。

 

対策3 :「食後すぐ」の「ちょこちょこ動き」が効果的!

「血糖値スパイク」を抑えるには、運動も大事

 

食事のあと、「食休み」と思って動かずにいると、

 

「血糖値スパイク」が起きている人はなかなか血糖値が下がらず、

 

血糖値の高い状態が続いてしまいます。

 

ところが食後すぐにちょっとした散歩をした程度でも、

 

速やかに血糖値が下がることがわかったのです。

 

食後15分間程度は、消化吸収をよくするため

 

全身の血液が胃腸に集められます。

 

すると胃腸の動きが活発になり、食事中の糖分もどんどん腸から吸収されて、

 

血糖値が急速に上がりがちです。

 

ところがこの間に体を動かすと、

 

手や足の筋肉などに血液が奪われ、胃腸の活動が低下します。

 

すると、食べたものに含まれる糖分の吸収にも時間がかかり、抑えられるのです。

 

つまり、体を動かすなら「食後すぐ」が効果的

 

少し離れたところまでランチを食べに出て、食後すぐ歩いて帰るのも良いでしょう。

 

日常的な動作程度でも、とにかく意識して

 

食後すぐに活発に体を動かしてみることがオススメです。

 

血糖値スパイクと眠気との関係は?

血糖値の急上昇時には強い眠気が起こり、急降下時には

 

  • 強い空腹感
  • イライラ感
  • 集中力・判断力の低下

 

などを引き起こします。

 

これは誰にでも起こりえるので、食後の運転などにも気をつけなければなりません

 



 

血糖値スパイクとは?対策や眠気との関係をわかりやすくご紹介します おわりに

いかがでしたでしょうか。

 

  • 糖尿病
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • がん
  • 認知症

 

などまで招く、恐ろしい血糖値スパイク

 

しかし、血糖値が上昇するメカニズムを知り、それを抑える生活習慣を心がければ、

 

抑制することが可能です。

 

注意点として、一般的な健診では空腹時の血糖値を調べることから、

 

血糖値スパイクの可能性がある

 

食後1~2時間の血糖値は意識してそこを調べないと分かりません。

 

つまり、健康診断の「正常」という結果だけで慢心せず、

 

自分の日ごろの血糖値の変化に意識・関心を持つことです。

 

特に40、50代の男性

 

そして家族(親、兄弟姉妹、祖父母、おじ・おばなど)に糖尿病の患者がいる人

 

注意しておきましょう。

 

万が一血糖値スパイクが診断されたとしても、

 

普段の食事や生活の習慣を見直す対策をとることで、

 

血糖値が上がりにくい体が取り戻され、

 

様々な病気のリスクを解消することができます。

 

例外なく誰もが健康でいる事は何よりの幸せであるはずですから、

 

自分の体を大切に生きていきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!