イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

北海道『まりも祭り』2018年の日程、アクセス、見どころは?

皆さんは、「まりも」って何か、ご存知でしょうか?

 

北海道へ旅行に行くと、

 

お土産屋さんで瓶に詰めて売っている、緑の丸い個体。

 

だと思っていませんか?

 

実はあれ、お土産用に藻を丸く固めているだけの代物です。

 

一生に一度は、本物が生息している阿寒湖へ赴き、

 

原生しているワイルドなまりも

 

見てみたくなりませんか?

 

今回は、北海道まりも祭りについてご紹介いたします。

 

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”okpanda01.jpg” name=”御パンダ”] ・・・暑い~暑い~溶けそうだぁ・・・

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”teng01.jpg” name=”合理天狗”] ほれ、お土産。

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”okpanda01.jpg” name=”御パンダ”] え、これ、ひょっとして「まりもっこり」?

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”teng01.jpg” name=”合理天狗”] そう、お前に良く似てるだろ。北海道の阿寒湖(あかんこ)に行ってきたんだ

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”okpanda01.jpg” name=”御パンダ”] いいなぁ~合理天狗くんは空を飛べて。僕も北海道で涼みたいよ。

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”teng01.jpg” name=”合理天狗”] それなら、まりも祭りに行くといいぞ。

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”okpanda01.jpg” name=”御パンダ”] お祭り!何それ?行きたい行きたい!!

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”teng01.jpg” name=”合理天狗”] よし、教えてやろう。



目次

まりも祭りとは?その歴史は?何町で行われるの?

まりも祭りとは、

 

北海道の東部、釧路市にある阿寒湖に生息する

 

絶滅危機の国の特別天然記念物「まりも」を保護する目的で、

 

昭和25年から開催されているお祭りです。

 

阿寒湖には、「まりも」の他に、

 

北海道の原住民であるアイヌ民族が集まる村(コタン)があります。

 

まりも」と「アイヌ民族」には、数々の伝説があります。

 

昔から共に共存していたことは間違いなく、

 

まりも祭りではアイヌとアイヌの生活を再現した展示や、

 

まりもを迎える儀式」「まりもを送る儀式

 

なども披露されます。

 

現在では阿寒湖は観光地としても栄えており、

 

温泉や遊覧船、お土産街も整備され、

 

夏休みの避暑地としても人気のスポットとなっています。



まりも祭り2018年の日程と開催地は?

2018年の第68回まりも祭りは、

 

10月8日(月)~10日(水)の3日間で開催されます。

・10月8日(月)13:00~

・10月9日(火)13:00~

・10月10日(水)10:00~

場所は、阿寒湖畔をぐるっと囲むように佇む

 

温泉街「釧路市阿寒町阿寒湖温泉です。

 

イベントは以下が予定されています。

10月8日(月)

●10:30~マリモ生育についての講演会

●13:00~まりも生息地観察会(講演会に参加した方のみ)

★阿寒湖で実際に生息する、まりもの群生地を見ることができます!!

 

10月9日(火)

●13:00~ まりも踊り行進
(エコミュージアムセンター前(出発)~アイヌコタン(14:00到着予定))

●19:30~ まりもを迎える儀式

●19:45~ タイマツ行進(湖岸園地~アイヌコタン)
まりもを護る儀式

●20:15~ アイヌ民族舞踊の競演(アイヌコタン広場)

※タイマツ行進の進行状況により、時間が多少前後する場合がございます。

 

10月10日(水)

●10:00~ カムイノミ(アイヌコタン・ポンチセ)

●10:30~ まりも行列(アイヌコタン~湖岸園地)

●11:30~ まりもを湖に送る儀式(湖岸園地)
カムイノミ アイヌ民族舞踊の競演
丸木舟に乗りまりもを送る儀式

 

3日間共通

●11:00~ 阿寒湖中学校 吹奏楽部 演奏(湖岸園地)

アイヌ民族が昔から行っている儀式も、実際に見ることが出来ます。

以下は少し古いのですが2012年の様子。雰囲気がありますね。

合理天狗
実際に生息するまりもを見られるだけではなく、
アイヌの歴史を知ることによって、北海道の開発の歴史も学べることができるんだな。

御パンダ
なるほど!でも阿寒湖ってどうやって行ったらいいの?

合理天狗
しょうがないな。人間が行く方法だが、教えてやるよ。



まりも祭りへのアクセスは?駐車場はあるの?

公共交通機関をご利用の場合

・東京から釧路空港まで飛行機で約1時間40分

・札幌から釧路空港まで飛行機で約45分

・札幌から釧路へJRで約4時間

・釧路空港から阿寒湖温泉まで、阿寒バス「阿寒エアポートライナー」で1時間10分程

・JR釧路駅から阿寒バス「阿寒バス・阿寒線」で約2時間

 

お車をご利用の場合

・JR釧路駅から1時間20分程。

駐車場は500台収容で、約410~510円程度の価格帯です。



まりも祭り おわりに

いかがでしたでしょうか。

 

今回はまりも祭りについてご紹介させていただきました。

 

北海道のアイヌ民族と密接な関わりのあるこの祭り、

 

間違いなく普通のお祭り以上に非日常を味わえるはずです。

 

今年2018年は少し趣向を変えて

 

一風変わった「まりも祭り」に行かれてみてはいかがでしょうか。

 

御パンダ
昼間にまりもを見て、夜はやっぱり「すすきの」でホッケ食べたいなあ。

合理天狗
北海道の広さを甘く見るなよ。

御パンダ
え?

合理天狗
説明した所要時間は、あくまで乗り物に乗っている時間の目安だ。

御パンダ
えええええ?

合理天狗
北海道旅行の途中に阿寒湖に立ち寄るなら、時間に余裕をもって計画するようにな!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!