イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

乾燥肌の原因と対策は?正しいスキンケアと改善に効果的な成分を紹介

 

今年も乾燥肌にとっての天王山『冬』シーズンがやってきます。

 

・体がかゆい。。

 

・笑いジワが消えない。。

 

・肌荒れが酷い。。

 

・カサカサする。。

 

様々な弊害が押し寄せてうんざりしているあなた。。

 

大切なのは日々のスキンケアのルーティンを構築すること。

 

いやいや、どんなにスキンケアをしても乾燥肌が解消されたことはない…

 

と、諦めているあなた。

 

スキンケアの方法が誤っていないか今一度チェックしてみましょう。

 

今回は乾燥肌の原因と対策、正しいスキンケアと改善に効果的な成分をご紹介していきます。



乾燥肌の原因1 水分と油分のバランスが崩れてない?

 

乾燥肌へは水分を補給することも大切です。

 

しかし、恐らくほとんどの男性が知らず、女性からも忘れられがちなのが『油分の分泌量』です。

 

乾燥肌の原因は、水分と油分の分泌が不釣り合いな状態で発生しています。

 

特に

 

冬はスキンケアで水分と保湿成分を与えていても、皮脂の分泌自体が少ないため、

 

肌のバランスがどんどん崩れていって乾燥肌へ繋がっていってしまいます。



乾燥肌の対策1 水分と油分のバランスを崩さない対策は?

 

では、どのように肌に水分と釣り合うよう油分をバランスよく補給すればよいのでしょうか?

 

まず、油分の補給に最適なのが「保湿クリーム」です。

 

保湿クリームを塗ることで肌に油性の保湿成分も一緒に補給できます。

 

つまり、保湿力を向上させて皮脂の代役となり、油膜で肌の防御力を高めてくれるんですね。

 

しかし、問題は前述した乾燥肌にとっての天王山『冬』シーズンです。

 

冬は、保湿クリームだけで抑えきれない日が多々あります。

 

そんな日は、抑えの切り札としてスキンケアに「美容オイル」を投入してみましょう。

 

美容オイルには、皮膚の深層まで浸透する栄養素が多分に含まれています。

 

これにより、肌が水分と油分を十分に補給して、乾燥しにくい環境を整えることができるのです。



乾燥肌の原因2 セラミド不足

 

加齢で皮膚が乾燥しやすくなり、顔や体にシワが増えてきます。

 

この原因の一つは、加齢と共にセラミドが少なくなっていくせいでもあります。

 

セラミドは皮膚で生成されている成分で、高い保湿効果を持って肌を守る要となっています。

 

乾燥肌対策には、セラミドを適切に保つことが大切なのです。



乾燥肌の対策2 乾燥肌に効果的な保湿成分セラミドとは?

乾燥肌対策のキーがセラミドなのは前述したとおり。

 

セラミドが配合されたスキンケア商品は肌へのなじみが良く、安心して使えます。

 

このため、乾燥肌対策にセラミド含有のスキンケア化粧品を使わない手はありません

 

「化粧品」と言うと男性は少し抵抗があるかもしれません。

 

しかし、「乾燥肌がモテない」という定説がありますから、、

 

そんなこと言っていられませんよね。

 

さておき、化粧品に使われているセラミドには主に以下3種類があります。

 

・ヒト型セラミド

・疑似セラミド

・植物セラミド

 

この中で肌に有効なのが『ヒト型セラミド』

 

『ヒト型セラミド』は、人の肌に含まれるセラミドと構造が類似しており、

 

高い浸透力と保湿力を保有し、肌への刺激が少ない特性を持ちます。

 

『ヒト型セラミド』は、商品表記欄に

 

『セラミド3』または『セラミド2』

 

と記載されていますのでチェックしてみましょう。

 

皮膚を傷つけないよう丁寧に洗顔し、『ヒト型セラミド』を含んだ化粧品で効果的にスキンケアを行う、

 

そんなあなただけの日々のスキンケアのルーティンを確立させてみましょう。



乾燥肌に効く保湿によるスキンケア方法

 

乾燥肌はシワやたるみだけでなく様々な肌トラブルも併発させるやっかいなもの。

 

そして、乾燥肌の発生原因や影響度は、季節や環境に左右されます。

 

それでも、大切なのは日々の適切なスキンケア。

 

自分に合ったスキンケアのルーティンを習慣化させることで、乾燥肌を改善・予防していきましょう。

 

まずは、洗顔方法です。

肌を強くこすりすぎると、摩擦で肌の表面を傷めてしまいます。

 

洗顔に使うクレンジング剤は低刺激なものにして、洗顔後のタオルは押し当てるようにして優しく拭きとるようにしましょう。

 

次に、化粧水です。

そして洗顔後は必ず化粧水で肌の保湿を心掛けてください。

 

この際、皮膚の奥まで保湿成分を浸透させること。

 

化粧水は、水分をキープしてくれる『ヒアルロン酸』や『ビタミンC誘導体』を含有するものを選びましょう。

 

化粧水を皮膚に塗る際は、手のひらに化粧水を数滴たらして、温めながら優しく顔に塗っていきましょう。

 

コットンでのパッティングは皮膚へ負荷が高いため、手のひら全体でしばらくの間顔を押し包むようにすると、化粧水を皮膚に浸透させることができます。

 

最後に仕上げの保湿です。

クリームもしくはローションをつけて保湿しましょう。

 

前述したように油分で顔全体をコーティングすることで、補給した水分をキープさせます。

 

このように、乾燥肌を改善するには、化粧水やクリーム、ローションを連動させた丁寧なスキンケアを心掛けてください。



乾燥肌の原因と対策 おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

まさに自宅でエステの時代ですね。

 

おさらいしますと、体質にもよりますが、肌の保湿力が低下し、水分が不十分な状態になると、

 

誰でもカサカサした乾燥肌となってしまいがちです。

 

肌の色もくすみ、女性は化粧が塗りづらくなりますよね。

 

乾燥肌には、ただ肌に水分補給するのみのスキンケアだけではなく、十分な保湿を狙ったスキンケアが効果的です。

 

肌を清潔に保ち、皮膚を傷つけないよう優しく洗顔して、丁寧にたっぷりの化粧水で潤いをキープします。

 

最近では寝ている間にもケアをし続けてくれる保湿パックも出てきています。

 

著者のオススメは..塗って寝るだけで翌朝モチモチ肌になっているという以下の優れものです。




前述以外にも乾燥肌対策に効果の高い化粧品は様々なものがあります。

 

肌質は一人一人で異なるため、スキンケア用品は実際に使って選ぶといいでしょう。

 

ぜひ、色々試してみたうえであなたの肌に最適なものを見つけてみてくださいね。

 

 

・・・え?

 

面倒くさいしお金がかかる?

 

今年の冬は体験エステ行脚で乗り切って見せる?

 

( ^ω^)・・・

 

そ、そういう人は時々エステに行ってみるとさらに面倒くさい勧誘があったりしまから注意ですよ。。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!