イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

目の下のクマをなくしたい!目の下のクマができる原因と対策をご紹介

多くの方が加齢とともに悩まざるをえないのが目の下のクマ

 

あなたは目の下にクマがありますか?

 

加齢以外の原因としてストレスや徹夜など様々な要因があります。

 

20代であればすぐに消えていたはずの目の下のクマ。

 

30代、40代と年を重ねるごとに深く刻まれ消えなくなっていきますよね。

 

加齢によるものは仕方のないことですが、実年齢より老けて見せてしまうことから、

 

特に女性にとって切実な問題となってしまいます。

 

今回は、そんな目の下のクマをなくしたい、薄めたいあなたへ。

 

目の下のクマができる原因と対策をご紹介していきます。



目の下のクマの原因は?

 

目の下のクマができる理由として、加齢が最も大きな要因として挙げられます。

 

年を重なると皮膚のコラーゲンは徐々に減少します。

 

その結果、どうしても皮膚のハリ、弾力性は失われ、自重で垂れ下がってしまいます。

 

そして目の下は、体の中で最も血行が悪くなる個所と言われ、

 

肌トラブル(たるみやくすみ)が発生しやすい場所なのです。

 

鏡で毎日見る顔。

 

その顔の中で最も見るのは「目」ですよね。

 

人にみられる個所も目が多いでしょう。

 

このため、目の下のクマがあると、

 

否が応でも自分に対峙した人へ老けた暗いイメージを与えてしまいがちです。

 

目の下のクマ(たるみやむくみ)は、黒グマ

 

血流が悪い事が原因の青グマと呼ばれます。

 

目の周囲は薄くデリケートな皮膚で覆われていることから、

 

乾燥と摩擦に弱く、シミができる起因となります。

 

特にやっかいなのが、たるみやむくみとして現れる黒グマです。

 

黒グマは化粧で隠そうとしても、余計に目立ってしまいますので、

 

注意して対策を行う必要があります。



目の下のクマの対策は?

 

目の下のクマを予防・改善するためには主に以下3つの方法があります。

 

目の下皮膚をケアやトレーニングで血行を促進し、丈夫にしてあげる

 

定期的に自分でツボ押しをするなど

 

マッサージで血行を促進する方法もありますが、

 

高度な技術を要するため、誤った方法で行うと、

 

逆に目の下のクマが濃くなってしまいます。

 

エステティシャンのフェイシャルマッサージが非常に高額な理由は、

目の周りの薄い皮膚を扱うのは非常に繊細な専門技術を要するからなのです。

 

目の下の乾燥を防ぎ、ハリのあるお肌に戻してあげる

 

自宅で目の下のクマの対策を行うのであれば、温浴や目元美容液、目もと集中ケアシートがオススメです。

 

顔を洗った後、目元美容液やパックを使用し、

 

その上からラップなどで保護することで、美容液の浸透を補助することができます。

 

この間、温かく蒸したタオルで目を覆っておくことで、

 

血液の巡りを向上させて効果をより高めてくれるでしょう。

 

一定時間経過後、あなたの皮膚が温まり、蒸しタオルの熱が冷めてきたら、

 

今度は冷蔵庫で冷やした冷たいタオルを顔に着けて肌の毛穴を引き締めてみましょう。

 

温冷と交互に刺激を与えることで、毛穴が引き締まり

 

潤いや美容液の有効成分が皮膚の深部に浸透してくれるようになります。

 

お肌の内部からコラーゲンの生成を促すケアをすることで、

 

肌の若さを維持向上することが可能です。

 

また、目もと集中ケアシートも効果的です。

 

目じり部分をゆっくりと適度な力で引き上げながら貼ることで、

 

手軽に潤いを補給+たるんだ目もとの小じわを適度に伸ばしてくれるストレッチ効果も期待できますよ。

 

ここでは様々な商品の中でも特に保湿&ストレッチ成分が高い「ストレッチiシート」をご紹介させていただきます!

 

「ストレッチiシートは」その効果の高さからJ:COMチャンネル「ステキ+Life」でも紹介されました!

 

下記シャンディの公式ページからご購入いただくと特別価格&送料無料となりお得です。

 

ぜひ一度、この機会に「ストレッチiシート」で目の下のクマ対策をお試しくださいね!




 

また、スチーマーと呼ばれる美顔器で顔全体を温めた後、

 

冷たいパックで毛穴を引き締めることで、目の下にも潤いを取り戻すことができます。

 

ただし、美顔器は2~3万円程度で手に入り、

 

ケア自体も自宅で行えてエステに行くより遥かにリーズナブルな反面、

 

コツコツと継続し効果が実感できるようになるまでに一定期間が必要となります。

 

費用が安いものの、面倒くさがりな人や、

 

仕事が忙しい人は継続できない可能性が高いリスクがあるので

 

強い意志をもって取り組むようにしましょう。

 

美容外科にいって目の下のたるみを消す

美容外科による施術は数十万円の費用がかかる分、

 

施術後の早い段階で効果を実感できるメリットがあります。

 

最近は、メスを使用せず、皮膚を切らない施術方法も出てきており、

 

安心して施術を受けることができます。

 

また、目の下の脂肪が多くてたるみが発生している場合には脂肪除去

 

くぼんでいる場合には脂肪注入という方法もあります。

 

アンチエイジングに関心が高まっている昨今、

 

目の下のたるみを中心とした美容関連の施術は今後もどんどん進化していくことでしょう。



目の下のクマをなくしたい! おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

女性にとって目の下のクマはメイクでも

 

カムフラージュが困難でうんざりしますよね。

 

目の下にクマがあるだけで疲労が蓄積し、

 

年老いて見えてしまいますので日々のケアがとても大切になってきます。

 

コラーゲンが少なくなると皮膚のハリが失われ、

 

目の下にはクマができやすくなるとされています。

 

ご存知かもしれませんが、コラーゲンそのものを皮膚につけても、

 

皮膚の深部にまで届けることはできません。

 

このため、肌のコラーゲンを増やすには、

 

ビタミンC誘導体やレチノールなどコラーゲンの生成機能を高める成分が

 

配合されている化粧品を選ぶようにしましょう。

 

また、目の下のクマは日ごろから冷たいドリンクや

 

塩分の摂り過ぎなどでもなりやすいとされます。

 

普段から飲み物やお食事などにも気を配ることが重要です。

 

あなたの目の下のクマが少しでも消えますように。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!