イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

【神奈川】大山とうふまつりとは?歴史や見所、アクセス情報をご紹介!

「大山(おおやま)と言えば、豆腐料理」

 

そう言われるほどの名物である「大山豆腐」が主役のお祭り、「大山とうふまつり」

 

あなたは訪れたことがありますか?

 

「豆腐が主役」というお祭りは世界でも珍しく、誰しも興味を惹かれるのではないでしょうか。

 

毎年3月中旬の2日間に渡り開催され、全国から大勢の観光客で賑わいをみせます。

 

中心となる場所は神奈川県のほぼ中央にある伊勢原市の「大山第二駐車場」

 

別名「とうふ広場」とも呼ばれ、

 

大山への登り口である「こま参道」から約85mの場所にあります。

 

今回はそんな「大山とうふまつり」の歴史や見所、アクセス情報について

 

探っていきたいと思います。

 



 

大山とうふまつりの歴史とは?

 

「大山とうふまつり」は今年で29回を数えます。

 

神奈川県伊勢原市大山地区は昔から山岳信仰が盛んでした。

 

大山の山頂にあり信仰の対象だった阿夫利(あふり)神社は、

 

社伝によるとなんと紀元前97年に創建されたといいます。

 

豆腐料理が広まっていき、今では「大山と言えば、豆腐料理」とまで

 

言われるようになっていったきっかけは、江戸時代まで遡ると言います。

 

当時、江戸では人口が急激に増加していました。

 

すると同時に、江戸から見える大山にあこがれを持つ人も増え、

 

参詣者が次第に増えていったとか。

 

そんな中、

 

  • 参詣者をもてなす食糧を大量に保存しておく設備などがなく、井戸水などにつけてでも保存できる豆腐などは最適な料理だった。
  • 大山の水は豆腐の製造と保存に適した良質なものだった。
  • 豆腐はそもそも修験者や僧職経験者が食べ慣れた精進料理だった。
  • 大山で参詣者の世話をする人々は配札や祈祷、日侍行事などを行い、謝礼として大豆など豊富な豆腐の原材料を受け取っていた。

 

などの要因が重なり、大山の良質な豆腐が多く振舞われるようになって、

 

徐々に大山の豆腐が有名になっていったと伝えられています。

 

「大山とうふまつり」はそうして有名になっていった大山豆腐をPRし

 

地域の活性化を図るとともに、豆腐に感謝するイベントとして現在に至ります。

 



 

大山とうふまつりの見所は?

 

「大山とうふまつり」ではどんな催しがあるのでしょうか?

 

「とうふ広場」では次のようなイベントが行われます。

 

「仙人鍋」

「仙人鍋」とは直径4メートルにも及ぶ大鍋のことです。

 

薬草入りの湯豆腐が無料で配布されます。

 

常に行列の絶えない一大イベントです。

 

「椀子豆腐早喰い大会」

90秒間で豆腐を何杯食べることができるか競うコンテストです。

 

  • 「男性の部」
  • 「女性の部」
  • 「子どもの部(小学生以下)」

 

の三部門に分かれており、それぞれ一杯の量が違います。

 

優勝賞金はなんと3万円!

 

ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

午前中に参加を賭けた抽選会があり、午後に大会が開催されます。

 

「手作り豆腐体験」

 

両日の11時ごろから限定100人で行われます。

 

受け付けは30分前に開始されます。

 

他にも、名産品やおみやげが並んだ「模擬店」コーナーや、

 

「大山ケーブルカー優待券配布」など楽しみは盛りだくさんです。

 

広場外に目を向けても、様々なお店で「割引サービス」や「粗品プレゼント」が行われており

 

地域一体となって「とうふまつり」を盛り上げます。

 



 

大山とうふまつりへのアクセスは?

公共交通機関で行く方法

 

小田急小田原線「伊勢原駅」から「大山ケーブル行き」のバスに乗り

 

「大山ケーブル駅」を下車。(約20分)

 

下車後、徒歩すぐで到着。

 

車で行く方法

 

最寄りのインターチェンジは東名高速道路の「厚木I.C.」です。

 

県道611号線を経由し約12km、30分ほどで到着します。

 

注意すべきは駐車場です。

 

お祭り当日は駐車場自体が会場となりますので、

 

「大山第二駐車場」に駐車することはできません。

 

当日車でお越しの場合は、会場の手前にある「大山小学校」

 

臨時駐車場として解放されていますのでこちらを利用しましょう。

 

 

また、小学校から会場まで「片道100円」でシャトルバスが出ています。

 

もしくは、大山小学校から約1km先の場所にある「市営第一駐車場」(200台、600円)

 

を利用することも可能です。

 



 

大山とうふまつりとは? おわりに

いかがでしたでしょうか。

 

今回は「大山とうふまつり」の歴史や見所、アクセス情報について探ってきました。

 

3月半ばと言ってもまだまだ肌寒さの残るこの時期。

 

ちょっと旅行がてら神奈川県まで足を延ばして

 

「仙人鍋」の湯豆腐を食し、体も心も温まってみてはいかがでしょうか?

 

今年は是非、「大山とうふまつり」に足を運んでみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!