注目キーワード
  1. PCR
  2. コロナ
  3. 格闘技
  4. お祭り
  5. イベント
イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

サーフィンとは?メリットやデメリット、初心者おすすめスクールは?

猛暑が続き、出かけることもままならない昨今の情勢。

 

そうだ!アウトドアで新しい趣味を見つけてみよう!

 

そうお考えになられたあなた。

 

サーフィンはいかがでしょう?

 

  • 波乗りの何が楽しいの?
  • そもそもボードに立てる気がしない
  • 日本でどこでできるかわからない

 

そんなあなた、大丈夫です。

 

今回はおすすめしたいサーフィンについてみていきましょう。

 



 

そもそもサーフィンとは?

「サーフィン」この言葉を知っている人は多いのではないでしょうか。

 

サーフィン(英: surfing, surfin’)は、

 

サーフボードと呼ばれる板の上に立ち、

 

波が作った斜面を滑走していくウォータースポーツの1つです。

 

波乗り(なみのり)とも呼ばれ、その起源は西暦400年頃まで遡るそうです。

 

サーフボードは一般的には、

 

9フィート(約274.3cm)以上の長さのあるロングボードと、

 

それ以下のショートボードに分類されています。

 

また、サーフボードには安定性を出すため

 

フィン」と呼ばれるひれ状のものが付いています。

 

  • シングル(1本)フィン
  • ツイン・スタビライザー
  • トライ(3本)フィン
  • クアッド(4本)フィン
  • クイント(5本)フィン
  • セクスト(6本)フィン
  • キールフィン

 

枚数やつき方にもいろいろあります。

 

2020年8月現在、トライフィン・クアッドフィンの両方を楽しめるため、

 

市販品の多くはクイントフィンシステムを採用しています。

 

サーフボードと体を結ぶ紐状の流れ止めをつけ、サーフィンを楽しみます。

 

  • リーシュコード
  • パワーコード

 

などと呼ばれ、ショートボード用、ロングボード用、太さにも種類があり、

 

こちらにも種類が多数あります。

 

ここまで見てわかるように、サーフィンは様々な道具を自身が選び、

 

個性豊かな楽しみ方ができるスポーツなのです。

 

サーフィンをやるメリットとデメリットは?

サーフィンにあげられるメリットやデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

サーフィンのメリットは?

 

  • 趣味サーフィンというと相手に興味を持ってもらえやすい
  • スポーティなイメージを持たれる
  • 話題にしやすい
  • 友人/知人を誘うきっかけになる

 

このあたりはサーフィンを始めるきっかけとして挙げられることも多い気がしますね。

  • 人から見られる自分のイメージの一つになりやすい
  • もっと親しくなりたい友人・知人との会話のきっかけになりやすい
  • 休日に誘いやすくなるなど対人面でのメリットを挙げられやすい

 

などかもしれません。

 

  • ストレス解消になる
  • リフレッシュ効果が高い

 

サーフィンは奥が深く、ハマるとどんどん好きになって魅了されていく

 

可能性があります。

 

そして自然に触れ、リフレクソロジー効果も感じられるなんていい趣味です。

 

肌荒れが治る

 

昔からあせもは海に入ると治るからと言われていますが、

 

アトピーなどの肌荒れにも効くと実感されている方もいらっしゃるようです。

 

もちろん、日焼け止めなどばっちり準備は必要ですが。

 

成長を楽しめる

 

上記の方も言われているように、挑戦して成功し、自身の成長を身をもって楽しめる

 

素敵なスポーツですね。

 

簡単には上達できないスポーツですが、

 

初心者から上級者まで探求していける余地が多く、

 

奥深いのが一番の魅力といえるでしょう。

 

サーフィンのデメリットは?

未経験者を誘いづらい

 

こちらはさきほどのメリットと相反するものになってしまいますが、

 

今まで経験したことない人を誘うには

 

相手が興味を持ってくれていることが大前提です。

 

 

サーファーの方は誘っても断られることもあり、

 

誘いづらいと思っているのかもしれませんが

 

 

したいと思っている人はたくさんいるのも確かです。

 

積極的に周りの人を誘って輪を広げていきたいですね。

 

海が遠いと続けにくい

これは立地的な問題です。

 

 

日本には海のない県もありますし、

 

海のある都道府県でも波に乗れるところが近くにあるとも限りません。

 

旅先でいくら好きになっても続けづらいというのはあるのかもしれません。

 

  • 移動費がかかる
  • 用具を揃える必要がある(高い)

 

こちらはサーフィンにかかる経費の問題ですね。

たしかにハマるかどうかわからないものに初期費用ドーンと出すのは…

 

と躊躇される方もいるでしょう。

 

ボード等をレンタルすると店にもよりますが、3,000円から5,000円程度かかるので、

 

海まで行く交通費、食費等を含めると1日で1万円近くかかります

 

また、好きになってからも満足いくアイテムを揃えていくまでは

 

お金も時間もかかりそうです。

 

 

しかし、探してみれば

 

お店で直接申し込むよりもお得なレンタルという手もあります。

 

 

こちらはふるさと納税でレンタルセットが使えるというなかなかお得な返礼品!!

 

探せばいろいろとチャレンジしてみる方法はありそうです。

 

チャラいと思われがち

 

これは個人のイメージの問題ですが、なぜか

 

サーファー=チャラい

 

というイメージが付きまといがちです。

 

  • 一時期放送されていたドラマ
  • 海外のマリファナ
  • 海でナンパされた
  • ナンパした体験

 

などから生まれるイメージなのかもしれませんが、

 

多くの人はそういう事はないと言えます。

 



 

サーフィン初心者おすすめスクールは?

メリットもデメリットも見てきましたが、魅力の方が多いなと思ったあなた。

 

そんなあなたがチャレンジしやすい初心者向けスクールを探してみました。

 

Surf Living(サーフリビング)

  • 〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-3-26
  • 5,000円(税込)
  • 料金に含まれるもの:体験料、消費税、体験で使うレンタル品、施設利用料、保険料、講習料、レッスン料、レンタル料(サーフボード・ウェットスーツ)
  • 予約締め切り:1日前の17:00まで
  • 対象年齢:20歳から60歳(身長:140cm以上190cm以下、体重:35kg以上95kg以下)
  • 持参物:水着, 飲み物, ビーチサンダル, タオル

 

 

利用された方も、月に一度は行きたいと評する抜群の対応の良さです。

 

海水浴に行くくらいの持ち物でチャレンジできるのも魅力ですね。

 

CAPCELL(カプセル)

  • 〒440-0877 愛知県豊橋市南松山町119
  • 5,400円(税込)
  • 料金に含まれるもの:体験料、消費税、体験で使うレンタル品、講習料、ガイド料、スクール代、レンタルサーフボード、ウエットスーツ代
  • 予約締め切り:1日前の10:00まで
  • 対象年齢:6歳から(13歳未満の方は保護者の同伴が必要です。)
  • 持参物:水着, 日焼け止め, 帽子, サングラス, ビーチサンダル, タオル

 

こちらは小学生以上であれば体験できます。

 

海に小さいうちから親しむ、

 

家族みんなで新たな趣味を楽しむことができるスクールです。

 

サーフサイドサービス ハイサイ

  • 〒904-0112 沖縄県中頭郡北谷町浜川176-S288
  • 9,800円(税込)
  • 料金に含まれるもの:体験料、消費税、保険料、講習料、レンタル器材一式(ボード・ウエットスーツ・リーフシューズ)、施設使用料(温水シャワー・更衣室・駐車場)、送迎代
  • 予約締め切り:当日の16:00まで
  • 対象年齢:3歳~
  • 持参物:日焼け止め, ビーチサンダル, タオル

 

こちらは送迎も含まれ、さらに3歳以上であれば体験できるとのこと。

 

また、当日申し込みでもOKという気軽さが魅力です。

 

サーフィンとは?メリットやデメリット、初心者おすすめスクールは? まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

テレビなどで見ていて

 

  • 「わぁ、サーフィンしている人がこんな時期にたくさん!」
  • 「そんなにおもしろいのかしら」

 

と気になっていたあなた、更に興味がでてきたのではないでしょうか。

 

サーフィンは奥が深いスポーツで簡単には上達できません

 

未経験者は波に飲まれる覚悟しておきましょう。

 

それでも、海で波と一体になった時の快感

 

400年以上の間、多くの人を魅了し続けています。

 

2021年開催予定の東京オリンピック2020では、

 

サーフィンが公開競技として開催されることが決定しており、

 

千葉県一宮町の釣ヶ崎海岸(志田下ポイント)が競技会場に選ばれています。

 

このあたり、一足先に行っておくと良いかもしれませんね。

 

あなたもサーフィンに魅了されてみてはいかがでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!