イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報をご紹介!

ファスティングのダイエット方法は?わかりやすくやり方をご紹介!

2019/08/14

苦手な運動をして、食事も制限して、頑張ってはみたけどもう無理・・・!

 

こんなダイエットの失敗体験、あなたにもありませんか?

 

長期間かけてゆるやかに体重を落としていくのが理想とされるダイエットですが、

 

途中で挫折してしまうことも多いもの。

 

今回は数日間で必ず結果が出るファスティングによるダイエットをご紹介します!

 



 

ファスティングダイエットは運動嫌いや3日坊主にオススメ!

基本や効果も含めて、

 

【ファスティングとは?効果や美容と健康への影響をわかりやすくご紹介!】

 

にてご案内したように、ファスティングとは「断食のことです。

 

実践後におのずと体重が落ちるため「ファスティング=ダイエット」

 

と思っている人も多いようですが

 

本来の目的は、

 

  • 食を絶つことで内臓を休ませ
  • 蓄積した毒素を排出し
  • 体内を正常な状態に整える

 

ことにあります。

 

しかし、この理論をダイエットに応用すれば

 

デトックスしながら痩せられるという素晴らしい方法にもなるわけです。

 

特に、

 

  • 運動したくない!
  • 長期間の食事制限も嫌!

 

という方にはうってつけのダイエット法といってもよいでしょう。

 



 

ファスティングダイエットにルールはあるの?

宗教的な断食と違い、一般的に行われているファスティングは

 

基本固形物を取らなければOKです。

 

しかし、せっかく断食までしているのに

 

  • 白砂糖たっぷりの甘いジュースを飲む
  • ガムや飴玉を口にする

 

などしていては、ダイエットや体質改善の効果が得られにくくなる上、

 

糖分摂取によって出過ぎた胃酸胃痛を引き起こすこともあります。

 

ファスティング中は水分補給が肝心ですが、その際には

 

  • 白湯
  • ノンカフェインのお茶

 

などを用いましょう。

 



 

ファスティングダイエットのおすすめは酵素ファスティング

そこで、ダイエットのためのファスティングとしておすすめの方法は

 

酵素ファスティングです。

 

酵素とは

 

  • 消化酵素・・・食べ物から栄養素を取り込んだり消化したりする酵素で唾液や膵(すい)液などの消化液に含まれています。
  • 代謝酵素・・・呼吸や運動に欠かせない化学反応を起こす酵素。

 

解毒化防止自然治癒などの作用もあります。

 

人間には一生の間で作ることができる酵素の量が決まっていて

 

それを潜在酵素といいます。

 

潜在酵素の量には個人差がありますが、生産量が減ってくる時期は20代頃と共通しています。

 

生きていくために絶対に必要な酵素が年齢と共に作られなくなることに加え、

 

添加物などの化学物質にまみれた食品やアルコールが入ってくるたびに

 

解毒分解のために酵素を大量に消費する生活をしていると

 

健康を維持できなくなっていきます。

 

食品から酵素を摂取するには

 

  • 果物
  • 発酵食品(みそ・しょうゆ・納豆など)

 

が有効です。

 

酵素は熱に弱いため、肉や魚や野菜は40度以下の状態で食べる必要があり、

 

なかなか大量に摂取することは難しくなります。

 

そこで活用したいのが酵素ドリンクです。

 

ドリンクを飲むことで効率的に体外から酵素を取り入れることができます。

 

酵素ファスティングの方法

ここでは効果が出やすく取り組みやすい3日間ファスティングを例にお話しします。

 

準備期:1日間

ファスティング開始前日消化の良いものだけを食します。

 

脂っこいものや消化に時間のかかる肉類などは避けましょう

 

  • 胃腸を整えていく
  • ファスティング開始後に極端な空腹感に苦しまないため

 

などでもあります。

 

ファスティング期:3日間

 

一切の食事を絶ちます

 

1日に

 

  • 酵素ドリンクを500kcal程度
  • 水またはノンカフェイン飲料2L

 

を目安にこまめに水分補給しましょう。

 

激しい運動さえ避ければ、普段どおりの生活をして構いません

 

回復期:2日間

 

ファスティング終了翌日から2日かけて、徐々に食事を普通食にもどしていきます。

 

最初は重湯具無し味噌汁からはじめ、

 

徐々におかゆや柔らかく煮込んだ野菜スープ麺類などを

 

よく咀嚼しながらゆっくり頂きましょう。

 

ファスティングダイエットの注意点

ファスティング期間

 

  • 3日間なら6日間
  • 7日なら14日間

 

と、準備期と回復期も含めると倍の日数がかかると考えてください。

 

ファスティングはその実施期間より回復期の方が重要といっても過言ではありません。

 

食による飢餓感とやり遂げたという解放感からドカ食いしたくなるかもしれませんが、

 

しばらく休んでいた内臓に一気に負担をかけることはかなり危険です。

 

その上、枯れた状態の体はいつも以上に吸収力が増し、とても太りやすい状態になっています。

 

段階を踏んで元の食事に戻さなければあっという間にリバウンドしてしまいます。

 

また、ファスティング当初は様々な好転反応が出ることがあります。

 

好転反応とは刺激を受けた体の悪い部分が反応し、

 

一時的に良くない症状が表面化することです。

 

脂肪には体内毒素が蓄積されているのですが、

 

断食したことによってエネルギーを絶たれた体は脂肪を燃やそうとし始めます。

 

その時、溜まっていた脂肪毒も流れ出すので一時的に

 

  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 眠気

 

などを感じることがあります。

 

症状の出方や重さには個人差がありますが、

 

おおむね半日から1日でおさまりデトックスも順調に進みます。

 

酵素ドリンクの選択も大切です。

 

必ず原液100%のものを選びましょう。

 

中には原液を薄めたもの、砂糖や添加物が大量に入った粗悪品などもあります。

 

しっかりと精査し購入してください。

 



 

ファスティングのダイエット方法は?わかりやすくやり方をご紹介!まとめ

いかがでしたでしょうか。ファスティングでのダイエット、メリットがいっぱいありそうですね!

 

ファスティングでのダイエットはただ単に体重を減らすだけではなく、

 

諸器官を休ませることで一旦機能をリセットし、

 

体内毒素の排出も同時に出来る「治療ともいえる方法です。

 

ダイエット迷子になっているのなら、

 

ぜひ一度ファスティングで心も体もリスタートしてみてはいかがでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

スポンサーリンク




御パンダ
記事の検索
カテゴリー
「お気に入り」に追加しよう!

「お気に入り」に登録いただくと次回アクセスが便利!
 

登録方法は【Ctrl + Dボタン】です。

スポンサーリンク




error: Content is protected !!