イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

就職活動を成功させるには?情報収集の方法や注意点、面接について

 

あなたは「就職活動」と聞いて何を思い浮かべますか?

 

学生でアルバイト経験者であれば、ある程度のイメージはつくかと思います。

 

でも、アルバイト未経験者にとっては、大きなハードルに感じるのではないでしょうか。

 

すでに一度就職活動をご経験の社会人の方は、

 

「大変だった」

 

「もう二度とやりたくない」

 

と振り返る方も多いのでは?

 

(恐らく、就職活動が好きな方は少ないと思います。)

 

誰だって他人から勝手にジャッジされるのは緊張しますし、悪い結果の場合は、相当気分を害すものでよね。

 

今回は、そんな就職活動を成功させるための秘訣についてお話をしていきます。



就職活動を成功させるには? 情報収集の方法は?

 

あなたが就職活動を開始して最初にすることは情報収集です。

 

いかに正確な求人情報を得て、効率的にスケジュールを立てて、

 

求められている人材として効果的に立ち回れるかだと思います。

 

ただし、就職活動では初めてのことが多く、情報の収集は手探りとなるでしょう。

 

まずは、インターネットの就活ポータルサイトなどを活用して情報収集してみるとよいはずです。

 

就活ポータルサイトには、「就職活動への心構え」といった

 

就職活動ではどうすべきか、どう配慮して活動をすればいいのか、

 

いわゆるマインドセットの構築方法が記載されています。

 

これらは収集すべき情報以上に貴重です。

 

一般情報はインターネットで確保することができますが、

 

就職先があなたの人生のロードマップと合うかどうか、

 

あらかじめ自分の中で描いておかないと、

 

まったくやりたいことと異なる企業へ就職してしまったり、

 

就職後に全然違う部署へ配属されたり…ということになりかねません。

 

そして、就活ポータルサイトで就職活動への心構えと、最低限の知識と、条件に合った求人情報を得た後は、いよいよ実際の行動が必要となります。

 

目的の企業のOB訪問など自分で出向けるところには出向いて、実際に企業で働いている人に話を聞いてみましょう。

 

面接などで自身の武器となる情報は、インターネットや合同説明会ではなかなか手に入りません。

 

より現実的な情報を入手することは、希望の企業へ入社できる確率を高めるだけではなく、あなたが本当にその企業とマッチしているのかを知ることにも繋がります。

 

様々な生の情報を集めた上で、あなたの就職活動に役に立つものを選定、活用することが、本当に自分に合った希望の会社に就職できるかの分かれ目となるでしょう。



就職活動の成功させるには? 情報収集の注意点は?

 

就職活動の情報収集方法は多岐にわたります。

 

注意点としては、あなた個人と、会社の直接的なやりとりは避けておくべきでしょう。

 

もし、あなたが学生で就職活動をするなら、校内に就職を支援する課があるはずです。

 

もし、あなたが社会人であれば、お住いのエリアにハローワークや、人材紹介会社に登録して就職活動を行うと良いでしょう。

 

求人サイトや、求人情報を扱うフリーペーパーからも情報を得ることも可能ですが、仲介がいない分、情報は相手方からの一方通行になりがちのため、情報の取捨選択ができる上級者向けと言えるでしょう。

 

仕事先を探す時に注意したいことは、求人票に記載されている内容と実態が違ったとしても、会社側が立場的に有利だということです。

 

あなたが「話が違うじゃないか」と言っても、会社は「じゃあ辞めろや」で終わってしまいます。

 

そして、労働者側が会社を辞めて再就職するのは、想像以上に労力がいります。

 

就職活動のために企業と直接交渉の必要がある場合、会社のほうが明らかに立場が高いのが現状です。

 

ホームページや就職情報誌で見つけた会社に応募したが、実際に働いてみたら給料が少ない残業代が出ない福利厚生の条件が違うなんて事は往々にしてありえます。

 

勤め始めてからもトラブルが解消されず、上司に相談してもとりあってくれず、自分が我慢せざるをえない状態に追い込まれてしまうこともあります。

 

前述のとおり、学校の就職課、ハローワーク、人材紹介会社の利用を進めるのは、これらの機関は会社と労働者の間に入り、仲介者の役割をしてくれるという点です。

 

特に就職支援を行っているところは、働く側の立場に立って助言などをしてくれます。

 

このため、後々で何か問題が起きた際に第三者的な立場にたってジャッジしてくれるので頼りにできます。

 

少なくとも個人と会社の二者間だけのブラックボックスを避けることができるのです。

 

転職活動の経験がない人や、学生のうちは、ハローワークや就職課のサポートを上手に使うようにしましょう。

 

円滑な就職活動を行い、自分の人生に合った就職先を見つけるためには、立場の弱い求人者として、自分にとって数少ない武器をどう利活用するかが大切になってきます。



就職活動の成功させるには? 面接試験の心構えについて

 

恐らく、日本国内、いや世界でも「面接のない採用試験」はないでしょう。

 

就職活動の最終関門として面接は突破しなければなりません。

 

では、どのように面接を突破していくべきでしょうか。

 

まず、大前提として、就職活動は「効率的にできるだけ短期決戦で臨む」のが良いでしょう。

 

就職活動を長く続けて笑顔の人を見たことがありません。

 

なにせ、交通費、食費、生活費と費用が掛かるだけではなく、

 

内定がもらえないことで長引いていた場合は、自分に自信がなくなり、

 

最悪、人間不信となっていきます。

 

このため、最初の面接に確実に受かるためにも、

 

事前準備だけは丁寧に行っておくようにしましょう。

 

心地よい緊張感をもって面接試験の日を迎えることができれば、

 

後は自然なあなたを出して採用担当者の判断に委ねればよいでしょう。

 

(あまりに背伸びして採用されても入社後がキツイことになります)

 

ただ、いくら緊張しないように自然体で、と言っても、何の準備もせず投げやりに面接に行くという意味ではありません。

 

その会社で頑張っている人たちから、働きたいという意欲を持っているかどうかを疑われてしまっては本末転倒です。

 

就職活動はお見合いのようなもので対等であるべきです。

 

面接は受けるものですが、一方的に企業の採用担当者に選ばれるだけのものではありません。

 

あなたが逆に採用担当者の一つ一つの言葉から社内の様子を想像し、

 

本当に自分に合っている会社か最終確認させてもらうくらいの気持ちで取り組んでみるべきでしょう。

 

面接や人事担当者を通して、あなたが上手な質問をしていくことで企業の社風などを引き出すことができます。

 

自分が相手を選んでやる気持ちでいけば、より丁寧に、面接を受けに行くことができるのではないでしょうか。



就職活動の成功させるには? おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

結論として、就職活動を成功させるために必要なことは、

 

ズバリ

 

「あなたに有益で正確な情報を取捨選択して収集すること」

 

これに尽きます。

 

それではここでおさらいです。

 

まずは、自分の目的とする企業の業界情報を集めましょう。

 

次に、その中から取捨選択し、自分の条件に合う企業の仕事をピックアップしましょう。

 

さらに、その企業の背景や情報と、自分の将来がマッチしているかを調べましょう。

 

最終的には、自分の希望に合致する求人情報へ応募し、採用試験を受けてみましょう。

 

もちろん、結果として採用されない場合もあります。

 

何度やっても不採用通知だらけの場合は、自分の希望条件について現実に即して「妥協すること」も大切です。

 

多くの人は自分の希望と違ったとしても生きるために働いていく必要があります。

 

できるだけ柔軟に自分の中の固定観念を緩和できるようにしましょう。

 

ただ、あなたのやりたい事に合った求人情報を少しでも多く集めて、

 

「これだけは外せない」

 

という条件は死守していくようにしましょう。

 

(このあたりがブレると、後々で結局仕事を辞めてまた就職活動をしなければならなくなります。)

 

まずはご自身を知ることから。

 

色々な就職セミナーに参加して、様々な仕事をしている人に接してみると、

 

自分でも気が付かなかった自分の潜在的な希望が見えてくることもあります。

 

それでも、思い通りの結果が得られないことが多いのが就職活動。。

 

就職活動はあなたの成長の場でもあります。

 

きっと、何年かして振り返ってみたら良い思い出になるはずですから、

 

「この会社は自分と合わないと早い段階で気が付けただけ」

 

と割り切って、あまり深く傷つかないよう、ダメだったときは淡々と次へいけるようにしましょう。

 

あなたの就職活動がうまくいくことを心よりお祈りいたします。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

error: Content is protected !!