イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

お子さまへのクリスマスプレゼントは絵本で学ぶ意欲を育みませんか?

 

あなたは毎年お子さまや甥っ子、姪っ子へのクリスマスプレゼント、

 

どういったものをお選びでしょうか。

 

今も昔も、子どもが欲しがるプレゼントの定番といえば、やはりオモチャですよね。

 

特に最近では小さいうちからテレビゲームに触れる機会も多く、

 

その多様性からクリスマスにはテレビゲームを欲しがるお子さまも増えています。

 

もちろん、オモチャやテレビゲームが悪だとは言いません。

 

しかし、親としては遊びの中から考える力を養って欲しかったり、

 

学ぶ意欲を育みたかったりするものですよね。

 

え?

 

オモチャやテレビゲームも考える力や学ぶ意欲を育むことができるよう工夫されている?

 

その通りです。

 

でも、やっぱりおもちゃはせわしなく動き回ったりしてしまいますし、

 

テレビゲームはどうしても幼い目への影響が懸念されてしまいます。

 

かといって、クリスマスプレゼントに祖父母が使っていた

 

けん玉やベイゴマなどを渡しても「?」となるでしょう。

 

そこで、クリスマスプレゼントに絵本を贈ってみるのはいかがでしょうか?

 

絵本にはお子さまの成長を促す効果が沢山あると言われているだけでなく、

 

親子のコミュニケーションにも最適のツールと言えます。

 

今回は、絵本を読むことの効果や、

 

クリスマスにお子さまにプレゼントしたい絵本をご紹介します。



絵本が子供の成長に及ぼす影響は?


よく「絵本の読み聞かせは大切」という言葉を聞きますが、

 

何がどう大切なのでしょうか?

 

以下では、絵本を読み聞かせることで効果があると言われていることをまとめてみました。

 

  • 親子のコミュニケーションのきっかけ作りに最適
  • きれいな絵を見ることで感性が豊かになる
  • 物語のさまざまな世界に触れることで知的好奇心が刺激される
  • 読解力が育くまれ、話の本質を掴み取る力が身につく
  • 場面をイメージすることで想像力が育くまれる
  • 言葉の表現を知ることで語彙力(言語能力)が育まれる
  • 物語に興味を持つことで記憶力や集中力が身につく
  • 沢山の本と触れ合うことで本が好きな子どもに成長する

 

などなど…、とても多くのメリットがあると分かりますよね。

 

また、読み聞かせなどは親の声を聞くことになるので、

 

子どもは精神的な安定を得られるようになります

 

寝る時に枕元でお話しするのも良いですが、

 

できれば子どもをひざに乗せて読み聞かせをしてあげるのがオススメです。

 

子どもが親の体温を感じることで、ますます強い愛情や安定感を覚えるようになります。

 

他にも、親子で一緒の絵本を読むことは、

 

  • 日常的に絵本の内容に関連した話をする機会
  • 絵本以外の話をする機会

 

などにもつながります。

 

子どもの心に響く言葉を親が投げかけることで

 

心の成長を促し、他人を思いやれる優しい子どもに育ってくれることが期待できます。

 

しかも、子どもの成長にこれだけ効果のある絵本の読み聞かせは、

 

実は読み手となる親にもプラスの効果があります。

 

音読は脳の前頭前野という部分をを活性化させる働きがあり、

 

感情や記憶のコントロール、思考力、集中力をアップさせてくれると言われています。

 

そう、親にとってもボケの防止にもなるのです!

 

「読み聞かせ」という、決して難しくはない行為で、

 

ここまで親子でプラスがあるとしれば、今すぐにでも始めてみたくなりませんか?

 

クリスマスプレゼントにオススメの絵本


絵本の子どもへの効果に関しては先述しましたが、

 

実際にクリスマスプレゼントにあげる絵本はどういったものが良いのでしょうか?

 

世の中に絵本は数多くありますが、どうせならクリスマスにちなんだ内容の絵本の方が、

 

思い出としても強く残りそうですよね。

 

そこで、以下ではクリスマスに関連した内容の3冊の絵本をご紹介します。

 

☆よるくま クリスマスまえのよる

  • 本体価格:¥1.000(税別)
  • 作:酒井駒子
  • 出版社:白泉社

 

クリスマスの夜に読んであげれば、子どもだけでなくママまで優しい気持ちになれる、

 

表紙裏のクリスマスオーナメントの絵も可愛い絵本です。

 

読んだことで、普段親として子供に接する時の反省や、

 

子育てにおける気持ちの整理になったという声も多数聞こえる、

 

子供の大切さを改めて噛み締められる一冊です。

 

今回ご紹介した絵本は、以下からご購入いただく場合、

 

クリスマスにふさわしいラッピングを無料で実施してくれるのでお得ですよ(^^♪





 

☆まどから おくりもの

  • 本体価格:¥1.000(税別)
  • 作:五味太郎
  • 出版社:偕成社

 

ページ内のみんなの家の「窓」の部分が穴あきになっていて、

 

ページをめくるとその部屋の中の意外な様子が見られる仕掛けの絵本です。

 

絵本を読んでいる子どもたちは、笑ったり、正しい答えを叫んだり、

 

ページをめくるたびに色々な事件が巻き起こる楽しさと刺激が抜群の絵本です。

 

今回ご紹介した絵本は、以下からご購入いただく場合、

 

クリスマスにふさわしいラッピングを無料で実施してくれるのでお得ですよ(^^♪





 

☆クリスマスおめでとう

  • 本体価格:¥1.200(税別)
  • 作:ひぐちみちこ
  • 出版社:こぐま社

 

「クリスマスの本当の意味を伝えたい」という作者の思いから生まれた絵本で、

 

小さな子どもでも楽しく読みながら、クリスマスの由来を知ることができる作品です。

 

クリスマスってどうしてお祝いするの?という子どもたちの疑問に答えつつ、

 

望まれて生まれてきたことの幸せを感じさてくれる絵本なので、

 

大人にもオススメの一冊です。

 

今回ご紹介した絵本は、以下からご購入いただく場合、

 

クリスマスにふさわしいラッピングを無料で実施してくれるのでお得ですよ(^^♪





 

お子さまへのクリスマスプレゼントは絵本で学ぶ意欲を育みませんか? おわりに

 

今回は、絵本を読むことの効果や、

 

クリスマスにお子さまにプレゼントしたい絵本をご紹介してきましたが、

 

いかがでしたでしょうか?

 

いつの時代も、親は子どもに対して、健やかに、

 

そして将来苦労が少ないように成長してほしいと願うものです。

 

しかし現代では「将来苦労しないように」という部分だけが先走り、

 

親子のコミュニケーションや楽しみもないまま

 

勉強だけを頑張る親子が増えているように見えます。

 

勉強することは良いことですが、子どもが頭も心もバランスよく成長し、

 

親とのコミュニケーションから人との付き合い方を学ぶことも大切です。

 

そういった意味で絵本は最適のツールと言えるので、

 

ぜひ今からでもクリスマスプレゼントに絵本という選択肢を考えてみてくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

文:星野貴史
 

error: Content is protected !!