イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

洪水ハザードマップとは?東京で絶対に安全とされるエリアはどこ?

あなたは日本国内の記録的な猛暑や、大雨による甚大な被害について

どう思いますか?

いままで他人事で自分は関係ないと思っていた異常気象も、ここまでくるといよいよ身近に迫ってきていると感じているのでは?

今回は今だから再確認しておきたい「ハザードマップ」についての情報や、

東京の中でも安全なエリアとはどの辺りなのか?などについて考察していきます!

   

ハザードマップとは?

災害が増えるにつれて「ハザードマップ」という言葉を

よく耳にするようになりましたよね。

このハザードマップを簡単に言い表すと

洪水や土砂災害の危険度が高い地域を色分けした地図

ということ。

地震や火山による被害を想定したハザードマップも存在しますが、

水害に関する情報を指すことが主です。

最寄りの市区町村HPで内容を確認できるとともに、

国土交通省が設置している「ハザードマップポータルサイト」でも

詳しく調べることが出来ますので

是非一度、あなたのお住まいは大丈夫か確認してみましょう。

ハザードマップポータルサイト

水害で飲み込まれてしまう低地エリアを認識しておくことはもちろん、

通行不可能となる道路なども事前に確認し、

避難する際の方向や場所をあらかじめ想定しておくことが肝要です。

知識が乏しい人は、いざという時に正確な判断ができずパニックになります。

よその地域で起こっている災害が自分の地域で起きた場合を想定し、

  • 災害グッズを揃える
  • 避難経路を事前に確認しておく

ことは最低限でも必要です。

また、新たに居を構える場合には

  • より安全な地域を選ぶ
  • 被災リスクをカバーできる保険に入っておく

この二つだけは必ず徹底しましょう。

   

東京で絶対に安全なエリアはどこ?

まず、残念ながら東京で“絶対に安全”な場所はありません

しかし、震災や水害のリスクを踏まえて「まだ何とかマシなエリア」は徐々に割り出されてきています。

東京の場合はどのようなエリアが比較的安全なのか

ポイントごとに述べていきますね。

中心部~西側の地域

荒川・隅田川・多摩川などを代表する地名に「川」のつく河川近くは水害リスクは増しますが、

同時に不動産価値を高く評価されている地域でもあります。

それは逆に川の近くに街があるからこそ橋梁の掛け替えや堤防の整備といった対策が念入りに行われていることで、

一般的な河川付近よりも被害の確率は大幅に低いと予想されていることも

安全性が高いと評価される一因でしょう。

ただ、どれだけ対策しても物理的に東京の東側エリアは避けて中心部および西側の地域を選ぶとより安全であることに

変わりはありません。

高台の地域

淀橋台」・「豊島台」と呼ばれる高台の上にある新宿周辺

関東大震災の時に被害が少なかった実績から人が集まるようになり

栄えてきた背景があります。

海に面する東京は地震の際に津波が発生すると打撃を受ける可能性大ですが、

高台だと被害を免れることができます。

また、低地では簡単に浸水してしまう雨量でも高台であれば

避けられることも多く、埋め立て地で頻発している液状化現象も起こりにくい

というメリットがあります。

地盤が液体のようにゆるくなり家屋が沈んでいく液状化現象は、

堆積している砂に地下水が浸水したことによって起こります。

これは埋め立て地で発生しやすくなりますが、高台のなかでも

あとから土を積み上げた「盛土」よりも、もともとの山を削った「切土」で

作られた土地の方がより一層強固であると言えます。

具体的な地域でいうと

  • 「大田区の西武」
  • 「田園調布」

その東側の

  • 「久が原台」
  • 「荏原台」

などが

高台のなかでも特に安全な地域とされています。

区市町村別では国分寺市

地盤ネット株式会社から発表された「いい地盤ランキング」において

東京都区市町村別(島しょ部を除く)では

「国分寺市」が最も良い地盤であると発表されました。

理由としては市域の大部分を高台上の平坦地である武蔵野台地が締め

平らで安定した地域であることがあげられています。

ちなみに0.3ポイントほどの僅差で

2位にあがっているのは西多摩郡瑞穂町」でした。

23区のみでは練馬区

このランキングを東京23区に絞ると1位は「練馬区」でした。

武蔵野台地上にあることや、川沿いの人口造成地以外は

安全な場所が多いことで高く評価されました。

練馬区は東京都全体の順位では16位に位置しています。

なおこのランキングには災害の起きやすさは考慮されておらず、

あくまでも「地盤」の良し悪しを地盤ネット株式会社が独自に評価したものです。

   

「洪水ハザードマップとは?東京で絶対に安全とされるエリアはどこ?」まとめ

いかがでしたか?

ハザードマップを利用する場合には、被害に遭いそうな場所を

確認するだけではなく、いざという時に駆け込むための避難場所医療機関

複数個所しらべておきましょう。

  • 小さなお子さん
  • お年寄り
  • 体の不自由な方
  • ペット

などをご家族に抱えている方は相応の対応を日頃から考え、

準備しておくことで有事に冷静な行動ができます。

明日は我が身かもしれません

一度、ご家族そろってハザードマップを見ながら話し合ってみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!