イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

LGBTとは?種類や海外の国々での割合などをわかりやすく解説します

 

最近よく「LGBT」という言葉を耳にしませんか?

 

なにかと英語や略語で表されることが多いので、スーッと流れてしまいがちですが、

 

なんだろ?」と思っている方も多いのでは?

 

LGBTは、テレビでも頻繁に取り上げられるようになり、

 

町の中、もしかしたらあなたのすぐ隣にいる人もそうかもしれません。

 

今回はLGBTとは何か種類や海外の国々での割合などを

 

わかりやすく解説していきますね。

 



 

LGBTとは?

人類は「男と女」という2つの性別しか認められない時代が長く続いていました。

 

でも、実際はどうでしょう?

 

それぞれの個性が一人一人違うように、

 

性の考え方受け止め方千差万別ではないでしょうか。

 

とはいえ、性別に関する多数決を取れば、

 

「男と女」のカテゴリは受け入れられるものの、

 

それ以外の区別を説明できる人は少数派だと思います。

 

人は自分と違うもの、理解できないものを排除する傾向があります。

 

大多数の人は少数派の人を排除し、差別し、理解してきませんでした。

 

そこで、1990年代に性的に少数派の人を主に4つに区別し、

 

差別的でない少数派の人々のコミュニティを「LGBT」という言葉で

 

世界に広げ、定着させていく動きが出てきています。

 

LGBTの種類は?

 

LGBTは男と女という身体的な性別に違和感を持つ

 

性的マイノリティ」といわれる人たちを大まかに4つに分けた言葉です。

 

  • L=レズビアン:自分の性別を女性と自認した上で、性対象は女性
  • G=ゲイ:自分の性別を男性と自認した上で、性対象は男性
  • B=バイセクシャル:生まれたままの自分の性別に違和感はなく、性対象は女性と男性
  • T=トランスセクシャル:生まれたままの自分の性別に違和感を感じ、その逆の性別と自認、性対象はトランスセクシャルの場合重要な部分ではない

 

男と女の2つの性別を、4つに分けたからと言って、

 

すべての人が4つのうちどれかに当てはまるわけではありません

 

「人の性別は男と女の2種類しかないはずだ」と思っている人に

 

少しでも理解してもらうために、

 

「大まかに」4つの種類に分けたという方が正しいかもしれません。

 



 

日本国内のLGBTの割合は?

LGBTは7.6%ほど存在すると言われているのを耳にします。

 

つまり、日本の人口が1億2000万人に対して、

 

単純計算で912万人がLGBTに当てはまることになります。

 

模感としては、

 

  • 13人に1人がLGBT」
  • 日本の左利き人口とほぼ一緒です」
  • 佐藤・鈴木・高橋・田中……と大体同じです」

 

と考えると結構多く自然な割合と感じるのではないでしょうか?

 

海外の国々でのLGBTの割合は?

海外では、レズビアン・ゲイ・バイの割合で出しているので、

 

ここではT(トランスジェンダー)を省いて比較していきたいと思います。

 

アメリカ・・・3.8%

 

カリフォルニア大学の調査によると、

 

レズビアン・ゲイ・バイセクシュアルの割合は3.8%とのことです。

 

人口が3億2310万人生産年齢人口が約2億3800万人だとすると、

 

大体908万人くらいのレズビアン・ゲイ・バイセクシュアルがいることになります。

 

オーストラリア・・・3.4%

 

2014年の調査で、18万人のオーストラリア人を対象に

 

自らを同性愛者だと思うか?」という質問に対して、

 

賛成した人が3.4%いることがわかりました。

 

約2,413万人の総人口中、約1,550万人が生産年齢人口なので、

 

52万7,000人がLGBの数という見積です。

 

イギリス・・・2%

 

2016年のONSの16歳以上を対象にした調査によると、

 

2%が自らをレズビアン・ゲイ・バイセクシュアルに該当すると答えました。

 

約6,564万人の総人口中、およそ4,190万人が生産年齢人口に当てはまるので、

 

約84万人がLGBということになります。

 

フランス・・・7%

 

18~69歳の7,000人を対象とした2014年の調査で、

 

レズビアン・ゲイ・バイセクシュアルの人が7%いることが明らかになりました。

 

約6,690万人の総人口中、約4185万人が生産年齢人口に当てはまるので、

 

約293万の人がLGBに該当することになります。

 

調査の方法も人数もばらばらなので、同じ条件で横串にして比べることは難しいうえ、

 

全ての被対象者が自らの性をオープンに語っているわけではありません。

 

このため、実際の割合はもっと多い数になると言われております。

 



 

LGBTとは?種類や海外の国々での割合などをわかりやすく解説します おわりに

 

「私はLGBTです」と言われると、少し構えてしまうかもしれません。

 

でも、血液型に置き換えてみたらどうでしょう?

 

B型・A型・AB型・O型の4種類にわけられますよね。

 

でも、同じ血液型だからといって同じ性格、同じ顔ですか?

 

血液型と同じで、LGBTもあくまで基本ベースの表現です。

 

LGBTの枠に入る人でも、血液型が分からない人がいるのと同じで、

 

自分の性別・性思考が分からないという方もいます。

 

だからといって決して精神疾患などではありません

 

あくまで単なる個性と捉えて良いのです。

 

最近では、LGBTという使い方すらも、果たして正しいのか議論になっています。

 

LGBTのどこにも当てはまらないという方たちを、LGBTの後に付け足したらどうか

 

それなら一体どんな呼び方が適切なのか。

 

など話は尽きません。

 

いずれにしても、多くの人が多様性を理解し、

 

皆が自然にカテゴライズして呼び合える日が来ることを願います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!