イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

【沖縄の穴場】国頭郡の観光スポットおすすめベスト5をご紹介します

1年中温暖な気候で、日本の南国リゾート地といえば沖縄です。

 

あなたはそんな沖縄の中でも総面積の80パーセント以上を森林が占め、

 

沖縄の原風景が色濃く残る、

 

沖縄本島最北部国頭村(くにがみそん)をご存じでしょうか。

 

那覇空港からを走らせて2時間以上かかるため観光客が少なく、

 

手つかずの美しいビーチや希少な動植物が生息する森を楽しむことができます。

 

そこで、今回は次の休暇に行きたくなる沖縄の国頭郡の観光スポットについて、

 

おすすめベスト5をご紹介していきます。

 



 

沖縄県国頭郡の観光スポット

近代化が進む那覇市とは違い、今なお昔の面影を残す沖縄本島の北部に位置する国頭郡。

 

それでは今年2020年の国頭郡ベストスポットを見ていきましょう!

 

ベスト5: 辺戸岬(へどみさき)

辺戸岬(へどみさき)は沖縄本島最北端に位置します。

 

天候がよければ海に向かって左手に伊是名島伊平屋島

 

北には鹿児島県の与論島沖永良部島眺望できます

 

 

冬は北風が強く海が荒れた日が多いので、海の底まで見える日は少ないです。

 

きれいな海を見るための時間帯は太陽が真上にあるお昼頃、

 

天候は風が弱い晴れた日に行くと冬でもきれいな海を見ることができます。

 

都内の観光地のようにキレイとは言えませんがトイレもあり、歩道が整備されいるので、

 

車椅子やベビーカーでも安心です。

 

  • 所在地:沖縄県国頭郡国頭村字辺戸
  • アクセス:許田ICから距離:約53 km、時間:約1時間20分

 

ベスト4: パイナップル畑

国頭郡国頭村といえばパイナップルの名産地です。

 

道の両側には青空の下で元気よく育つパイナップル畑が続いており、

 

日本とは思えないような牧歌的な風景を作り出しています。

 

収穫時期(7月~8月)であれば、

 

パイナップルが山ほど入ったカゴを運ぶ人たちの姿も見られ、ほっこりしますよ。

 

作業の邪魔にならないようそっと見学してみてはいかがでしたでしょうか。

 

  • 所在地:〒905-1504  沖縄県国頭村安波
  • アクセス:沖縄道許田ICよりR58経由1時間、県道70沿い

 

ベスト3: 大石林山

大石林山は沖縄本島北部を代表するパワースポットといわれています。

 

2億年の歳月を経て姿を現した奇岩巨石が林立する絶景が広がり、

 

太古の石灰岩と亜熱帯の緑が織りなす自然空間は圧巻の一言。

 

元気になりたい時、人生をリセットしたい時におすすめです。

 

本格的なトレッキングが気軽に楽しめる4つのコースがあり、

 

ガイドと巡るパワースポットガイドツアーが人気です。

 

【スピリチュアルガイドツアー】

琉球開びゃくの神話に記されるこの地を舞台に大石林山の拝所や伝説が伝わるスポット等、通常コース以外のエリアも巡り、古より続く祈り、そして奥深い沖縄の自然崇拝を体感できます。

 

完全予約制のため 前日17:00までに電話で予約が必要なのでご注意!

 

  • TEL:0980-41-8117
  • 料金:120分・入山料込
    大人(15歳以上)4,000円
    小人(4歳〜14歳)2,500円
    ※催行時間 13:00(定員20名まで)
  • 所在地:〒905-1422沖縄県国頭郡国頭村宜名真1241

 

ベスト2: 道の駅ゆいゆい国頭

「道の駅ゆいゆい国頭」には、

 

国頭村産の新鮮な農産物地元限定スイーツや、

 

手のぬくもりが伝わる木工商品、めずらしい動植物の展示など

 

見どころが満載です。

 

地域の歴史や自然について学べる展示コーナーもあり、

 

観光案内所も併設されています。

 

国頭村産のイノブタ料理

 

ここで食べられる山原猪豚は、黒豚とリュウキュウイノシシを掛け合わせた品種で、

 

豚肉より赤身が強く低脂肪ミネラルも豊富で女性におすすめです。

 

かまぼこ

 

まるとみ鮮魚かまぼこ店」では、国頭漁協から仕入れた

 

魚介類のさしみや、揚げたてのかまぼこが購入できます。

 

コリコリした食感が楽しいセーイカ(ソデイカ)入りのかまぼこなど、

 

種類も豊富で、お土産に買ってもついつまんでしまいたくなるおいしさです。

 

スイーツ

 

甘いものが食べたくなったら、迷わず「パーラーゆんたく」へ。

 

地元客の休憩所としてもにぎわうこの店は、沖縄風ぜんざいのほか、

 

ドラゴンフルーツなど国頭の果物や野菜を使った

 

揚げたてのサーターアンダギーが評判です。

 

  • 所在地:沖縄県国頭郡国頭村字奥間1605
  • TEL:0980-41-5555
  • 営業時間:午前9時〜午後6時

 



 

ベスト1: やんばる学びの森

いよいよ、おすすめベスト1は、沖縄本島北部の山や森林などの

 

自然が多く残っている地域のことを「やんばる」!

 

やんばる特有の自然環境を学び保全し、次世代へ繋ぐという事を目的にし、

 

さまざまな自然体験プログラムが用意されている「やんばる学びの森」は

 

2007年に国頭村環境教育センターとして開設された知る人ぞ知る穴場スポットです。

 

広大な敷地内は2つの大きなエリアに分かれています。

 

  • 学びのゾーン・ディスカバリーゾーン
  • 遊びのゾーン・アクティブゾーン

 

アクティブゾーン内には、オートキャンプ場があり、車の横付けができます。

 

トイレやシャワー、炊事棟の設備も整いレンタル用品も充実しているので、

 

気軽に山のキャンプを楽しむことができる。

 

昼間はガイドと一緒に

 

  • 自然散策
  • バードウォッチング
  • カヌー

 

などの体験プログラム

 

夜は星空観測生き物観察のプログラムと、

 

家族や仲間で亜熱帯の自然を感じながら学び・楽しめます。

 

  • 料金:オートキャンプ  1サイト2570円
    ※サイト毎に車1台駐車可能
  • 所在地:沖縄県国頭村字安波1301-7
  • TEL:0980-41-7979
  • アクセス:
    高速道路
    那覇空港より沖縄自動車道利用(名嘉地IC-許田IC下車)国道58号線経由
    県道2号線を安波ダム方面へ:所要時間2時間50分
    一般道
    那覇空港より国道58号線国頭村向け北上⇒県道2号線を安波ダム方面へ:所要時間3時間30分

 



 

沖縄県国頭郡の観光スポットおすすめベスト5をご紹介します おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

沖縄の中でも特に自然を感じることができるスポットが多い沖縄県国頭郡。

 

沖縄本島には観光スポットがたくさんあるため、

 

北の方まで訪れたことがない人も多いかもしれません。

 

次の機会にはぜひ沖縄の自然を存分に味わうために訪れてみてはいかがでしょうか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!