イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

水素水の効能って結局どうなの?効果やメリットとデメリットを徹底解説!

芸能人やモデルさんが愛飲している人が多く、

 

最近ではばヨガなどのスタジオでも勧められる水素水

 

テレビでも特集されていますが、普通の水と何が違うのでしょうか?

 

そこで今回は水素水の効能について、

 

その効果やメリットとデメリットを徹底解説してみます。

 

水素水とは?

そもそも水は水素と酸素の結合です。

 

水素水は、この水素と酸素が結びついて作られている水に、

 

さらに水素を溶かし込んだものです。

 

要するに通常よりも水素が多い状態になっているということです。

 

そのため、水素水は、水に水素は溶け込んでいるけれど、

 

無理やり水素ガスが溶け込んでいるだけで、刺激や外気に触れることで

 

  • すぐに水素が気体に戻る
  • 酸素とむすびついて水になる

 

ということです。

 

水素そのものは、ガラスに入れてもプラスチックに入れても

 

短時間で通過できてしまうほど不安定なので、

 

水素水および水素を長時間保管するためには、

 

水素を通過させないアルミニウム製の容器に保管することが推薦されています。

 

以前はペットボトルに入った水素水を見かけることも多かったですが、

 

アルミパウチが主流になってきているのも、

 

水素が抜けないよう対処しているのが理由です。

 

水素は添加物なのか、毒性や安全性は?

日本では水素食品添加物として使われています。

 

防腐剤や香料などとは違い、毒性安全性において問題は特にないようです。

 

水アレルギーなど特殊なアレルギーを持っていないのであれば

 

気にする必要はないでしょう。

 

水素水が身体に良いと言われている効能は?

メリット:アンチエイジング

 

老化や病気の原因とも言われている「活性酸素」というものがあります。

 

活性酸素

 

  • 紫外線によるダメージ
  • 喫煙

 

など、さまざまな原因により体内に発生し、身体の酸化を早める働きがあります。

 

水素水で水素を体内に取り込むことで、体内に侵入した水素が活性酸素と結合し、

 

無害に水に変化させることが可能だと言われています。

 

水素水が、美容や健康をサポートするのに期待できると言われているのは、

 

この活性酸素との結合からです。

 

また、ビタミンCポリフェノールなどの

 

アンチエイジング化粧品にも配合されている抗酸化作用のある成分よりも、

 

水素のほうが善玉活性酸素とは反応しにくいので、

 

身体に必要な善玉活性酸素の量を減少させないという点から効果的と言われています。

 

デメリット:科学的な裏付けはまだ薄い?

水素水ではさまざまな効果が期待されていますが、

 

現在のところ効果・効能については個人的な体験談による部分が多く、

 

科学的に裏付けられたデータは少ないとされています。

 

もちろん、臨床実験などは随時進められてはいますが、

 

正確なデータや科学的な裏付けによる情報が出るまで、

 

まだもう少しかかるのではないでしょうか。

 

水素水にはどんな種類の商品がある?

水素水を活用できる商品にはどういった種類があるでしょうか。

 

1:アルミニウム製の容器に入った飲料水

 

水素は非常に小さな分子のため、ペットボトルなどではすぐに水素が抜けないように

 

アルミニウム製の容器では何層もの構造が主流となっています。

 

入手もしやすく値段もお手頃なため、

 

まずは試してみたいといった方におすすめの商品です。

 

2:水素水スティック

 

水素水スティックとは、ミネラルウォーターなどの水が入ったペットボトルに入れて

 

振ったり放置したりすることで水素水が作れる優れもの。

 

小さく持ち運びがしやすいため、外出先でもかんたんに水素水が飲めます。

 

ただし商品の種類によっては、水につけてからの待ち時間が、

 

10分と短いものもあれば、数時間と長いものもあるので注意しましょう。

 

3:水素水サーバー

水素水サーバーは、一般的にウォーターサーバーのタイプが多く、

 

  • 水素水
  • 冷水
  • 温水

 

が利用できるものが多くあります。

 

また、水素水サーバーは基本的にレンタル式が多く、

 

月々の料金数千円と安いのが特徴です。

 

購入を検討している人は、水素水の濃度に注目してください。

 

水素水の濃度を表す単位は、「ppm」で表記されることが多く、

 

一般的には1ppmが理想的とされています。

 

1ppmの根拠は、0.4ppm程度が身体吸収できる限度です。

 

摂取した水素60%が、

 

身体に吸収されることなくそのままからだの外へと出ていくことから、

 

排出分も考えると1ppmが理想的となるわけです。

 
当サイトのオススメは、中性に保ちながら1.6ppmの飽和水素水をたったの5分で生成してくれる超高濃度水素水サーバーは 「アキュエラブルー」です。

 

これは世界初の特許取得技術で、ぜひ一度お試しくださいね。


 

4:水素風呂

 

水素水は飲むだけではありません。

 

お風呂の水に水素を溶け込ませて、水素風呂を作れるものもあります。

 

こういった商品には

 

  • 「粉末タイプ」
  • 「水素生成器」

 

2種類があります。

 

粉末タイプとは、

 

値段も安価で、普段の入浴剤のように使用するタイプのものです。

 

一方水素生成器についても、

 

浴槽内に入れることで水素を発生させるものではありますが、

 

その金額は数万円から10万円を超えるものすらあります。

 

水素生成器の多くは、電解式により水素を発生させている仕組みが多く、

 

無料保証がついているのが一般的です。

 

水素水の効能って結局どうなの?効果やメリットとデメリットを徹底解説! おわりに


 

いかがでしたでしょうか。

 

即効性が目に見えて即効性が感じられない人も多いことから、

 

ぜひ科学的裏付けがほしいですよね。

 

水素水の生みの親である日本医科大学太田成男教授も

 

現在は体験談による部分が多いと証言をしておりますが、

 

水素水の可能性が否定されたわけではありません。

 

水素が疾患や美容に対してなんらかの効果を持っている「可能性」があることは

 

認められており、水素の効果・効能がきちんと認められる可能性は

 

十分にあるといえるでしょう。

 

今後も水素水の効果から目が離せませんね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!