イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

法人ETCカードとは?即日発行できる?メリットとデメリットを紹介

あなたが事業主や経営者、もしくはこれから事業主や経営者となる予定の方であれば

 

法人カードという単語を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

事業主や経営者は、個人と違い経費計算などが煩雑となるため、

 

法人カードを作成しておくと

 

支払い履歴の管理が格段に「見える化されスムーズです。

 

今回は株式会社や合同会社といった会社設立直後でも作れる、

 

法人向けのETCカードについて、即日発行できるかや、

 

そのメリットとデメリットなどをご紹介します。

 

法人ETCカードとは?

法人ETCカードとは、その名の通り、

 

法人もしくは個人事業主向けに発行されるETCカードのことです。

 

車やトラックなどの営業車を使う業種の方は、

 

最初に導入を検討しておくべきカードと言えます。

 

ただ、法人ETCカードは昔と比べ物にならないほど取り扱うカード会社がふえ、

 

審査基準も大きく異なっています。

 

設立1年目や2年目であっても問題なく作成できるうえ、

 

一度作っておけば経営者自身が利用する際はもちろん、

 

社員の高速代金支払いをスムーズにできるなどのメリットがあるのは

 

言うまでもありません。

 

また、株式会社や合同会社の経営者だけでなく、

 

個人商店などの個人事業主でも法人ETCカードは作れます

 

では、法人ETC人カードには具体的にどんな種類があるのか見ていきましょう。

 

法人ETCカードは主に2種類ある

  1. 法人向けのクレジットカードを作成して作るETCカード
  2. クレジットカード発行無しで作る法人ETCカード

 

基本的には1番目の法人向けクレジットカードを作成し、

 

ETCカードを発行するのがベスト&王道ですが、

 

クレジットカードがどうしても作れないという方の場合には

 

2番目のクレジットカード発行無しのカード発行となります。

 

法人ETCカードは即日発行できるの?

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードのみ、即日発効可です。

 

これらのクレディセゾンの発行するクレジットカードの即日発行の手順は

 

インターネット申込⇒申込内容の確認⇒審査結果メールの到着⇒カードの受取

 

となり、このときに

 

「カードの受取」で「セゾンカウンターに来店しての受取」を選択することで、

 

即日発行が可能になるのです。

 

他の法人カードの場合は、通常法人カードお申し込みの流れは、

 

インターネットで入会申込⇒申込完了⇒法人カード入会申込書の返送⇒契約確認書類の送付⇒カード発行

 

と、発行までの手順の中に「郵送」が入ってしまうので、

 

どうしても、1日は必ずかかってしまいます

 

法人ETCカードのメリットとデメリットは?

法人ETCカードのメリットは?

 

高速代料金の経費計算がラクになる

 

現金払いをしたという履歴は、

 

  • 支払いをした本人による伝達
  • その時に貰ったレシート

 

でしか証明できません。

 

しかし、法人ETCカード払いをすればその履歴

 

クレジットカードの利用明細書等に刻印&記録される仕組みになっているため、

 

あいまいな記憶や、使ったかわからないレシートを頼みにする必要性がなくなります。

 

高速料金の割引

 

現金では割引の一切ない有料道路料金ですが、ETCカードで精算するだけで

 

  • 休日割引
  • 深夜割引
  • 平日朝夕割引
    ETCマイレージサービスに登録

 

などお得です。

 

割引率も種類によりますが、30%も割引になることもあるため、

 

経費削減にも役立ちます。

 

ポイント還元でお得

 

ETCマイレージサービスとは、ETCカードで有料道路の料金を支払うと、

 

利用した通行料金の支払い額に応じてポイントが貯まるシステムです。

 

貯まったポイントは、

 

無料通行分に交換して通行料金の支払いに充てることができるため、

 

通行料を支払えば支払うほど戻ってくる(割引される)金額が大きくなります。

 

クレジットカードなので、支払金額にポイントが還元されます。

 

クレジットカード会社の充実した付帯サービスが提供される

 

個人同様、クレジットカードについている保険などの付帯サービスが提供されます。

 

海外旅行に行った際、自動で付帯される保険などは非常に有用で

 

チェックしておくと良いでしょう。

 

1枚の法人クレジットカードから複数枚の法人ETCカードが発行できる

 

法人クレジットカードや、クレジットカードそのものにETC機能がついている

 

法人ETCカードの一部は、1枚のクレジットカードを発行すれば、

 

複数のETCカードを発行できるサービスもあります。

 

その代表が

 

JCB一般法人カード(ポイント型)

(年会費1,250円+税※オンライン入会で初年度無料/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5円相当

 

です。

 

個人向けクレジットカードは、基本的にETCカードは1枚ですので、

 

複数枚のETCカードが発行できるのは法人カードを利用する大きなメリットの一つです。

 

使用する車が複数台ある場合は、

 

いちいちカードを入れ替える手間や、一度に何台も使いたい場合も考えると、

 

1台につき1枚のETCカードがあれば便利ですので、

 

複数枚発行できるのは嬉しいですよね。

 

法人ETCカードのデメリットは?

年会費がかかる

 

すべてのカードに審査がある

 

クレジットカード会社によって審査や保障が違います。

 

入りたいカードにすべての経営者が審査を通るわけではありません

 

特に事業を開始した直後は決算書もなく、非常に信用が薄い状態です。

 

手数料がかかる

 

高速道路の支払額に応じてポイントが付く

 

ETCマイレージサービス」の対象になりますが、

 

協同組合が手続きを代行して行うことから

 

8%程度手数料として差し引きされる点は注意が必要です。

 

ほかの経費削減にはならない

 

法人ETCカードは、ETC決済だけにしか使用できないため、

 

他の経費節減には繋がりません。

 

法人ETCカードとは?即日発行できる?メリットとデメリットを紹介 おわりに

いかがでしたでしょうか。

 

ETCカード発行ってなんか面倒だから、

 

今まで通り現金払いで高速料金を払い続ければいいや…

 

なんて思われる経営者の方もいるかもしれませんが、

 

会社経営のことを考えるなら、ETCカード発行が絶対におすすめです。

 

法人カードに申込みする場合は、

 

  • 審査基準の厳しさ
  • 発行されるETCカードの枚数や年会費の有無
  • ポイント還元率
  • 付帯サービスの内容

 

など種類ごとに全く異なりますので、

 

それらを総合的に判断して自社に合った1枚を選択することが大切です。

 

また、会社(中小企業)では個人のクレジットカードのようにETCカードを簡単に作れないことも多いため、

 

ETC専用のカードでまずは発行してもらうのも良いと思います。

 

ちなみに当サイトでは「協同組合」のETC専用のカードをオススメしています。

 

「協同組合」のETC専用カードの特徴・メリットとして以下8点が挙げられます。

  • 1.従業員にその都度、現金を渡さなくていい
  • 2.利用明細(請求書)で管理が簡単(※)
  • 3.高速道路のみ利用できるカード(クレジット機能が付いてない)
  • 4.ETC車載器がなくても手渡しで利用可能
  • 5.必要枚数・何枚でも申込可能
  • 6.時間帯・休日等により30%割引適応
  • 7.レンタカー、カーシェアリング・従業員の車でも利用可能
  • 8.設立したての新会社への発行実績多数

(※)・入口、出口のインター名記載され、カードごとに金額が明確に出ます。



 

ぜひ、この機会にお試しいただき、社員や会社にとって有益にご利用してみてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!