イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報をご紹介!

人事と総務の違いは?業務内容や平均年収を徹底比較!

2019/04/27

人事と総務の違いは?

 

多くの企業では、人事や総務といった部署があり、企業活動で大切な役割を担っています。

 

初めて人事部や総務部に配属された方は、なんとなく他の部署との違いがわかっていても、

 

はっきりと理解している方は少ないのではないでしょうか。

 

実は人事と総務の部署には明確な線引きはないと言われています。

 

ですが、その業務内容はどちらも同じというわけではなく、

 

人事か総務のどちらかに分けられる業務もたくさんあります。

 

人事の役割人材に関する業務全般を担当することです。

 

  • 人材の募集手配・採用
  • 入社、退職手続き
  • 教育・研修
  • 評価
  • 異動に関する手続き
  • 社会保険手続き
  • 給与・賞与計算業務
  • 人員の配置業務

 

総務の役割は、社員が業務をスムーズに行えるようにサポートすることです。

 

  • 備品の管理
  • 来客対応
  • 防犯対策
  • 社員の福利厚生
  • 地域住民の対応
  • 株主総会の運営
  • 社内行事の企画や運営

 

会社によっては、人事と総務をひとまとめにしているところも多くありますが、

 

大企業などでは部署が分かれていることが多いです。

 

基本的に人事は「ヒト」に関する業務内容を行うことが多く、

 

総務は、「モノ」や会社全体に関わる仕事を中心に行うのが大きな違いとなります。

 



 

人事と総務の平均年収は?

企業によって給与体系に違いがあるので、一概には言えませんが、

 

地域や企業人数、勤務年数によって人事と総務では収入に差があります。

 

  • 人事の場合・・・平均450万円前後
  • 総務の場合・・・平均400万円前後

 

となるため、人事の方がやや平均年収は高いと言えるでしょう。

 

また管理職のポストにつくと人事、総務共に年収はアップします。

 

  • 人事・・・1000万円前後
  • 総務・・・600万円前後

 

の年収になっている人もいるとされています。

 

人事・総務に必要なスキルは?

人事や総務の仕事をするために必ず必要な経歴や資格はありません

 

基本的には経験者が優遇される傾向にありますが、

 

コミュニケーション能力や最低限のパソコンスキルがあれば、

 

未経験者でも歓迎されます。

 

ただし、人事の仕事には社会保険の手続きのような労務の仕事が含まれます。

 

ですので、

 

  • 労務に関する法律や知識
  • 情報収集できる能力

 

が必要になってきます。

 

また総務であれば、

 

  • 会社に必要なものは何か
  • 自分は何を求められているか

 

を把握するための観察力が必要になってくるでしょう。

 

人事・総務のやりがいは?

人事

 

新入社員が社会人として成長している姿を見た時

 

教育や育成に携わると、新人社員の成長を日々感じることができます。

 

社員が成長したり、活躍している姿を見ると、自分の事のように嬉しくなり、

 

自分自身も仕事の成果を実感できるようになります。

 

面接した社員から「入社してよかった」と言われた時

 

人員を募集し、採用するまでには長い工程があります。

 

その工程に対して、責任をとっていく人事の仕事は決して楽ではありません。

 

また、採用される側も自分の人生を大きく左右する重大な決断となります。

 

それだけに採用した人材が入社したことを満足してくれた時には、

 

大きな達成感が生まれてくるでしょう。

 

成績に応じた正当な評価をされる社員が増えた

人事の仕事の中には、「評価制度の設計や開発」と言った仕事もあります。

 

会社への貢献度が高いのに評価されていなかったりすると不平不満につながり、

 

モチベーションも下がってしまいます。

 

こう言ったあまり評価されていない部署にスポットを当てて、

 

活躍に見合う評価や報酬を行えるようにできる制度

 

人事部だからこそできる仕事と言えるでしょう。

 

総務

 

他の社員から頼りにされる

 

  • 備品の発注
  • 設備の修理

 

など総務が窓口となって業務をフォローするため、

 

後方支援部隊として素早い対応がとても頼りにされることが多いです。

 

また、その業務内容から自然と他部署の社員との関わりも多くなります。

 

そこから社員との間に信頼関係が生まれ、やりがいを感じることができるのです。

 

自然とビジネススキルが身に付く

総務は社内はもとより、社外の方と触れ合う機会も多いため、

 

毎日の仕事を通して自然とビジネススキルを身に付けることができます。

 

また、総務は会社の顔としての意味合いも持つため、

 

その窓口となる総務は高いビジネススキルが必要になり、

 

それが自信に繋がっていくのです。

 

達成感を感じる業務が多い

 

総務は一通りの業務を見通して行わなければなりません。

 

これは細かい仕事から複雑な仕事まで共通して言えることです。

 

この中で得られた知識は仕事を達成するために役立ち、

 

達成感を味わうために必要な要素となります。

 



 

人事と総務の違いは? おわりに

一括りにされがちな「人事」と「総務」の違い、いかがでしょうか。

 

共通部分もありますが、人事と総務は独立した業務を担っています。

 

人事と総務はどちらも会社がスムーズに活動するためには必要不可欠な部署です。

 

人とのコミュニケーションを大切にしたいと思う場合は人事

 

より会社経営やマネジメントに近づいていきたいと思うのであれば、総務

 

向いているかもしれません。

 

ですがどちらも会社への貢献度が高い仕事ですので、

 

ぜひ参考にしてご自身との適正を検討してみてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

スポンサーリンク




御パンダ
記事の検索
カテゴリー
「お気に入り」に追加しよう!

「お気に入り」に登録いただくと次回アクセスが便利!
 

登録方法は【Ctrl + Dボタン】です。

スポンサーリンク




error: Content is protected !!