イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

湘南ひらつか七夕まつり2019 来場者数や駐車場についてご紹介!

7月のイベントといえば七夕。

 

あなたも子供の頃には短冊に「~叶いますように。」と書いて

 

お願いごとをしたのではないでしょうか。

 

この時期、各地で七夕まつりが開催されてますが

 

神奈川県平塚市の「湘南ひらつか七夕まつり」をご存知ですか?

 

関東三大七夕まつり」の一つとされ毎年たくさんの人が訪れています。

 

今年2019年は7月5(金)~7月7日(日)の3日間にわたり開催されます。

 

今回は「湘南ひらつか七夕まつり2019」の見どころや来場者数、駐車場などを紹介していきたいと思います。

 

ちなみに湘南ひらつか七夕まつりの大ファンである当サイト。

 

昨年は「湘南ひらつか七夕まつり2018」も特集していますので是非ご覧くださいね(^^

 



湘南ひらつか七夕まつりとは?

「湘南ひらつか七夕まつり」は戦後の復興祭りとして始められました。

 

1951年に仙台市の仙台七夕まつりを模範にして第1回「平塚七夕まつり」がスタートし、

 

1993年に現在の「湘南ひらつか七夕まつり」という名前になりました。

 

毎年、約150万人が訪れ「関東三大七夕まつり」の一つとして数えられています。

 

日本一といわれる華麗な七夕飾りは中心街には約500本あり、

 

市内全体では約3000本にのぼり大規模な七夕まつりになっています。

 

特にメイン会場となっている湘南スターロードでは見事に飾りで埋め尽くされ、

 

その鮮やかさに来場者は圧倒されてしまうほどです。

 

「湘南ひらつか七夕まつり」の飾りでは一般的に使用されている和紙ではなく、

 

ソフトビニールが使用されいて電飾が付けられているため、

 

夜にライトアップされると昼とはまた違った幻想的な雰囲気を味わうことができます。

 

祭り期間中は七夕コンクールやパレード等のイベントも開催されるため

 

様々な楽しみ方ができます。



湘南ひらつか七夕まつりの見どころは?

七夕飾り「竹飾り」

「湘南ひらつか七夕まつり」といえば日本一といわれる「竹飾り」が大きな見どころです。

 

中心街には約500本の竹飾りが所狭しと並び、

 

中には10メートルを超える大型のものもあり、その迫力に圧倒されます。

 

骨組みは竹、吹き流しにはソフトビニールが使用され、電飾が施されているため、

 

夜にはライトアップされ昼とはまた違った幻想的な雰囲気を味わうことができます。

 

また、ソフトビニールでできているため雨が降っても形が崩れることがなく、

 

祭り期間中はずっと綺麗な状態を保ち続けます。

 

この竹飾りは企業や各商店の豪華な飾りから市民や子供達などの手作りの飾りまで、

 

様々な個性があり飽きることなく楽しませてくれます。

 

中には流行りをとりいれた飾りもあり、

 

その年の人気キャラクターや活躍したスポーツ選手などをモチーフにしている飾り

 

特徴のひとつになっています。

 

 

パレード

初日に行われる「七夕踊り千人パレード」は必見です。

 

総勢約1000人にも及ぶ壮大なパレードで

 

七夕のテーマに合わせた様々な衣装で踊り歩く光景はまさに圧巻。

 

このパレードは最後尾から飛び入り参加が可能なのでぜひ参加してみてください。

 

より一層「湘南ひらつか七夕まつり」を楽しめるイベントになりますね。

 

2日目に行われる「織り姫と音楽隊のパレード」は

 

織り姫がオープンカーに乗って登場し、音楽隊の大迫力の演奏に合わせて観客を沸かせます。

 

 

織り姫

 

織り姫とは毎年応募された人の中から1次審査、2次審査を通過し、

 

インターネット投票で選ばれた3人が「湘南ひらつか織り姫」となります。

 

選ばれた織り姫は1年間、平塚市のPRとイメージアップの役割を担い

 

公式行事等に参加します。

 

織り姫は毎年変わるため、みんなが注目しています。

 

 

屋台

 

お祭りの楽しみといえば屋台もはずすことはできませんね。

 

「湘南ひらつか七夕まつり」では約400店もの屋台が大規模に出店していて

 

種類もとても豊富です。

 

焼きそばやお好み、かき氷といった定番の屋台から

 

B級グルメの屋台地元の名産品などを取り扱った屋台もあり

 

次から次へと目移りしてしまうほどです。

 

またお祭りではなかなか見かけることがないお化け屋敷迷路などもあるので楽しめますね。



湘南ひらつか七夕まつりの来場者数は?

「湘南ひらつか七夕まつり」は毎年約150万人の来場者数があるといわれています。

 

2018年来場者数

 

  • 7月6日(金)1日目 25万人
  • 7月7日(土)2日目 55万人
  • 7月8日(日)3日目 60万人

合計 140万人

 

過去5年の来場者数

 

  • 2018年 140万人
  • 2017年 167万人
  • 2016年 155万人
  • 2015年 145万人
  • 2014年 165万人

 

関東三大七夕まつりの2018年来場者数

 

  • 湘南ひらつか七夕まつり 140万人
  • 茂原七夕まつり     85万人
  • 入間川七夕まつり    15万人

 

年によって変動はありますが平均して150万人以上の来場者数がありますね。

 

また関東三大七夕まつりの中ではダントツの来場者数を誇ります。

 

今年2019年もお祭りへのアクセスが集中する時間はたいへん混雑が予想されるので

 

時間に余裕をもった移動をおすすめします。



湘南ひらつか七夕まつりの駐車場は?

祭り期間中は臨時駐車場が用意されます。

 

臨時駐車場

 

  • 【場所】相模川河川敷(平塚競輪場東)
  • 【時間】9:00~22:30
  • 【料金】無料
  • 【台数】約1500台

 

 

臨時駐車場からはシャトルバスが運行されます。

 

シャトルバス

 

  • 【運行区間】臨時駐車場~平塚駅南口
  • 【料金】片道 大人100円 子供50円

 

祭り期間中は会場内への自転車の乗り入れも禁止されているため

 

臨時駐輪場が用意されています。

 

臨時駐輪場

 

  • 【場所】見附台公園、錦町公園
  • 【時間】10:00~21:30
  • 【料金】無料



湘南ひらつか七夕まつりへのアクセスは?

 

  • 圏央道 茅ヶ崎ICより約10分

 

電車

 

  • JR平塚駅より徒歩2分

 

祭り期間中は交通規制が実施されます。

 

交通規制箇所

 

  • 湘南スターモール
  • 駅前大通り線(フェスタロード)
  • プラザロード
  • 紅谷パールロード



2019年の湘南ひらつか七夕まつり おわりに

日本一の七夕飾り「竹飾り」は日本一だけに

 

「湘南ひらつか七夕まつり」でしか見ることができない大きな見どころです。

 

特に「竹飾り」は昼に色鮮やかな色彩を放ち、

 

夜はライトアップされ幻想的で懐かしい雰囲気を楽しめます。

 

また、パレードやイベントも盛りだくさんで一日では遊びきれないほどですね。

 

数ある屋台の中から自分のお気に入りをみつけてみるのも面白いかも知れません。

 

今年2019年の七夕は是非「湘南ひらつか七夕まつり」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!