イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

総務ってどんなお仕事?業務内容や平均年収を徹底解説!

総務ってどんなお仕事?

 

総務は、本当に色々なことをする部署です。

 

仕事の線引きなどは特になく、

 

どの部署の対応範囲になっていないものは、すべて総務と考えて良いでしょう。

 

ですので、仕事内容は非常に広範囲となります。

 

便利屋」のイメージを持つ方もいらっしゃるでしょう。

 

総務は、社内のすべての部署と関係を持ち、

 

他の部署が円滑に仕事を進めていくためのパイプ役といったところでしょうか。

 

従業員が働きやすい環境を整え、組織内で業務を円滑に連携して進められるよう

 

中心となって取り組む部署です。

 

業務内容としては、

 

  • 福利厚生業務
  • 安全衛生管理
  • 保安・防災業務
  • 従業員の健康管理
  • 文書や印章、固定資産・備品、消耗品の管理
  • 受付業務
  • 社葬の実施
  • 秘書業務
  • 会社行事・イベント業務
  • 契約・契約書管理
  • 株主総会
  • 株式管理
  • 社内・社外広報
  • ホームページの管理業務
  • 官公庁との渉外
  • 地域との渉外
  • 社会貢献活動
  • 環境対策
  • リスクマネジメント
  • 業務委託管理

 

※会社の規模によっては、別の部署の可能性もあります。

 

次に役割でいうと、次のようになります。

 

社内

 

  • 庶務事務
  • 文書作成・管理
  • 福利厚生

 

など、企業活動を円滑に進めるための業務を行う

 

いわば会社で働く社員が、仕事に打ち込めるようにしておくということです。

 

経営陣の参謀役

 

経営陣の意思決定や、その他の経営的な業務に必要な情報の提供を行います。

 

社内のパイプ役

 

社内報などの企画運営や、社内イベントや施策などを告知し、通達を行います。

 

会社の推進役

 

株主総会や、入社式、納会などのイベントの企画運営を行います。

 



 

「総務の一日の流れ」は?

 

一例をご紹介いたします。

 

朝はメールチェック

 

前日に遅くまで残って仕事をしている社員は、

 

夜のうちに総務に対して、依頼や相談のメールを送っている可能性があります。

 

社員の不安を解消するためにも、メールの内容を早く確認して対応しなければなりません。

 

午前は備品や設備の管理&チェック

 

社員がスムーズに仕事をするためには備品が揃っている必要があります。

 

在庫管理をし、数が少ないものは発注しておきます。

 

また誰が見ても分かるように備品管理ノートなどを作成しておくことも基本です。

 

午後は書類作成や打ち合わせ

 

基本的に午前中に行うべき業務を済ませ、

 

午後からは書類作成などをした方が効率が良くなります。

 

総務は、毎日のように仕事に必要な書類作成を行います。

 

午前中から書類作成に手をつけると、他の仕事に取りかかれない場合が出てきます。

 

他の部署も午前中は優先順位の高い仕事をしている可能性が高いため、

 

打ち合わせは午後から始めた方がお互いやりやすいでしょう。

 

退社前は翌日の予定をチェック

 

前日に翌日の業務内容を確認しておくことで、

 

スムーズに仕事に取りかかることができます。

 

前日に翌日の仕事を把握できれば、頭に中で自然と仕事の優先順位を考えることができ

 

スピードアップにつながります。

 

総務の勤務時間はどれくらい?休日・残業は?

総務の勤務時間は、会社の規模や組織によって変わってきますが、

 

一般的には8:00~19:00くらいの間でしょう。

 

なかには正社員ではなく、契約社員やパートタイマーとして働く人もいるため、

 

様々な働き方ができると言えます。

 

休日に関しても、勤務時間同様、会社の規模等によって変わってきますが、

 

週休2日が多く、休日出勤はあまり多くないでしょう。

 

しかし、会社のイベントや採用活動など総務にとって、

 

繁忙期の時期は休みの日に仕事をする必要があるようです。

 



 

総務の平均年収は?

総務の平均年収は、400万円前後と言われていることが多いです。

 

他の職種と同様に年齢が上がるにつれて平均年収も上がる傾向にあります。

 

20代では300万円程度ですが、40代になると、500万円程度と上がっていきます。

 

ただし、能力による給料の差は出にくいので、

 

ほぼ

 

  • 勤務先の規模
  • 地域
  • 年齢
  • 役職
  • 勤続年数

 

に左右されると言っていいでしょう。

 

もし、年収アップを目指すのであれば、

 

経験を積んで管理職や責任者などのポストにつくことによって条件が良くなるでしょう。

 

総務のやりがいって何?

とにかく色々な部署の人と関わりを持つことが多いので、

 

仕事を頼まれたりすることもあって自分の仕事がなかなか進まない時もあります。

 

ですが、他の社員の役に立っていると思えると

 

とてもやりがいの感じられる部署だと思います。

 

頼ってもらえたり、「〇〇さんがいてくれてよかった

 

とねぎらいの言葉をかけてもらえた時は、きっと達成感を得られるでしょう。

 

また、総務というと、誰にでもできる簡単な仕事と思われがちですが、

 

組織の問題を解決するために良い対策を考える能力も必要になる部署です。

 

そして、会社全体を見回して、

 

  • 社員に困っていることはないか
  • 社内環境は整っているか

 

など細部にまで能動的に目を配る必要があります。

 

毎日同じ仕事内容をこなすということはなく、

 

日々変化していくのでその変化を感じながら仕事をするのも、

 

総務のやりがいと言えるのではないでしょうか。

 



 

総務ってどんなお仕事? おわりに

総務の仕事は、受け身ではなく自ら社員に声をかけ気を配っていくと、

 

とてもやりがいのある仕事だと思います。

 

デスクワークばかりではなく、常に誰かと接する仕事で、

 

社会人としてのスキルや知識を得て成長する機会も多いでしょう。

 

あなたも是非、トライしてみてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!