イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

談山神社の桜や紫陽花、紅葉を満喫!営業時間、アクセス、駐車場は?

  • 2018年10月9日
  • 2019年2月20日
  • 奈良県

 

あなたは、奈良県桜井市にある『談山(たんざん)神社』をご存知ですか?

 

『談山神社』は大化の改新における談合の地として広く知られており、

 

藤原鎌足が祀られている神社です。

 

藤原鎌足とは、西暦645年に中大兄皇子とともに、

 

当時の最高権力者だった蘇我入鹿を誅殺し、

 

大化の改新の偉業を成し遂げた人物です。

 

大化の改新、、あなたも社会のテストで暗記を試みたことあるのでは?

 

元々は多武峰妙楽寺(とうのみねみょうらくじ)という神仏習合(※1)の寺院でしたが、

 

1869年の神仏分離令(※2)により『談山神社』と改称されました。

 

木造としては世界唯一という貴重な建造物『十三重塔』や、

 

日光東照宮のモデルになったと言われる豪華絢爛の本堂など、

 

歴史を感じさせるスポットです。

 

一年を通して様々な花を楽しむことができるスポットとしても有名で、

 

毎年多くの観光客が訪れる寺院です。

 

そんな『談山神社』ですが、実際にどういった見所があるのでしょう?

 

今回は『談山神社』の桜、紫陽花、紅葉の情報や、アクセス情報をご紹介します。

 

(※1)神仏習合 しんぶつしゅうごう

古来の日本における神祇信仰(神道)と仏教信仰(日本の仏教)といった

異なる信仰が一つの信仰体系として再構成された宗教現象のこと

 

(※2)神仏分離令 しんぶつぶんりれい

神仏習合を廃止し、神道(神、神社)と仏教(仏、寺院)をはっきり区別させること



談山神社の桜や紫陽花、紅葉を満喫しよう! 営業時間は?

『談山神社』の営業時間や定休日については、下記のとおりです。

 

営業時間:8時30分~17時(最終受付16時30分)

 

定休日:年中無休

 

☆ライトアップ期間中の営業時間

 

入山最終受付:18時30分

 

建物拝観:19時まで

 

19時から20時までは庭鑑賞のみとなるのでご注意を!



談山神社の桜や紫陽花、紅葉を満喫しよう! 桜の見所は?

『談山神社』は吉野や長谷に並ぶ桜の名所として知られ、

 

境内に点在する荘厳な社殿と美しい桜が見事に調和しています。

 

桜井市指定の天然記念物になっている樹齢600年ウスズミサクラを筆頭に、

 

山桜、ソメイヨシノ、シダレザクラなど、約500本もの桜が咲き誇ります。

 

また、毎年4月29日(昭和の日)に

 

けまり祭り』が行われる『蹴鞠(けまり)の庭』は、

 

権殿、十三重塔、神廟拝をバランスよく収めることができる絶好の写真撮影スポットです。

 

開花時期は例年4月上旬から5月中旬となっていますが、

 

ライトアップなどによる夜桜の観覧はできないため、明るいうちにお出かけしましょう。



談山神社の桜や紫陽花、紅葉を満喫しよう! 紫陽花の見所は?

あまり広くは知られていませんが、『談山神社』は紫陽花の隠れた名所です。

 

毎年6月中旬から7月中旬にかけて、約1000株の紫陽花が境内を彩り、

 

歴史ある建造物との美しいコントラストを見ることができます。

 

また、新緑の『談山神社』では紫陽花だけでなく、

 

青もみじも鑑賞できるので、合わせて楽しむことができます。



談山神社の桜や紫陽花、紅葉を満喫しよう! 紅葉の見所は?

 

『談山神社』は紅葉が特に有名です。

 

なんと、3000本ものカエデを鑑賞できる圧巻の情景から

 

関西の日光』と呼ばれています。

 

多武峰の深い木立が全山で紅葉するさまは非常に見ごたえがあり、

 

遠方からも多くの観光客が訪れるため、境内は観光客で賑わいます。

 

見頃は例年11月中旬から12月上旬で、紅葉の時期にはライトアップも行なっています。

 

また、紅葉の時期の『談山神社』では

 

毎年11月3日(文化の日)に開催される『けまり祭り』が有名で、

 

こちらは大化の改新にちなんで行われています。

 

関西の紅葉につきましては、当サイトの別ページでも特集しています!是非、ご覧くださいませ。

関西の紅葉を観て癒される!2018年のおすすめスポット14選!

 



談山神社の桜や紫陽花、紅葉を満喫しよう! アクセスは?

談山神社へのアクセスは、下記のとおりです。

 

☆電車・バスの場合

近鉄桜井駅 桜井駅からコミュニティバス談山神社行きで24分、談山神社のバス停で下車、徒歩約5分

 

☆お車の場合

 

西名阪道天理I.C.から国道169号、県道37号経由19km 約50分

 

駐車場は300台分あり、バスは2000円、その他は無料となっています。



談山神社の桜や紫陽花、紅葉を満喫しよう! おわりに

 

今回は『談山神社』の桜、紫陽花、紅葉の情報や、アクセスについて

 

ご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

桜、紫陽花、紅葉といった、見頃の時期も、植物の種類も異なる景色が

 

1つの敷地内で楽しめてしまう場所は貴重ですよね。

 

お出かけのベストシーズンとしては、

 

やはり『名所』として有名な桜や紅葉の時期です。

 

ただし、当然多くの観光客による大混雑を覚悟しなければなりませんので、

 

ゆったり散策したい方は初夏の紫陽花が咲く時期がオススメです。

 

ちなみに『談山神社』は縁結びの神社としても有名です。

 

摂社の東殿は『恋神社』と呼ばれ、

 

恋愛成就のパワースポットとして人気があります。

 

境内にある『むすびの岩座(いわくら)』は神の宿る磐座と言われているので、

 

良縁に巡り会うために、ぜひ気になる人と訪れてみてはいかがでしょうか。

 

どんな季節に足を運んでも、

 

歴史ある建造物やパワースポットと植物のコラボレーションが楽しめる

 

『談山神社』

 

ぜひ、これを機に訪れてみてはいかがでしょうか。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 

文:星野貴史

 

error: Content is protected !!