イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

広島フラワーフェスティバルとは?歴史や見所、アクセス情報を紹介!

あなたは「広島フラワーフェスティバル」をご存知ですか?

 

広島県広島市の「平和大通り」及び「平和記念公園周辺」をメイン会場にして、

 

毎年ゴールデンウィークの真っただ中、5月3日から5日までの3日間で開催されます。

 

毎年来場者が160万人を優に超える大規模なお祭りで、

 

福岡市の「博多どんたく」などと並び

 

ゴールデンウィーク中に行われる日本の祭りの中では最大級の動員数を誇ります。

 

期間中は様々楽しみなイベントが目白押しですし、ゲストもとても豪華。

 

きっとゴールデンウィークの素敵な思い出になりますよ。

 

今回はそんな「広島フラワーフェスティバル」の歴史や見所、アクセス情報について

 

探っていきたいと思います。

 

広島フラワーフェスティバルの歴史とは?

「広島フラワーフェスティバル」が初めて開催されたのは1977年

 

その2年前の1975年に

 

プロ野球チーム・広島東洋カープのリーグ優勝パレードが平和大通りで行われ、

 

30万人を動員したことがきっかけです。

 

平和大通り一帯を会場にしたお祭りの構想は元々ありましたが、

 

優勝パレードの大成功に後押しされ、中国新聞社が中心となり開催に踏み切られたのでした。

 

当時も今と同様3日間の開催で、初開催にも関わらず計125万人を集め大盛況となりました。

 

お祭りのシンボルは「フラワークイーン(旧・ミスフラワー)」と「花の塔」。

 

花の塔はパンジーやペチュニアで飾られた高さ8m、直径9mの塔で、

 

平和記念公園に設営されます。

 

毎年3人選ばれる「フラワークイーンはお祭りに”花”を添えます。

 

開催当初より、

 

  • 広島を花と緑と音楽のあふれる都市にしよう
  • 平和に生きることのすばらしさと尊さを、参加者みんなで分かち合おう
  • 広島から世界へ、豊かな生活文化と、温かい人間関係の交流を呼びかけよう

 

という3つのテーマがうたわれているのですが、

 

年毎のテーマも一般応募によって決められます。

 

2019年のテーマは「花ひらく 夢と平和の 新時代です。

 

新元号の時代を迎えるにぴったりですね。

 

また、テーマソングの「花ぐるま

 

(歌:芹洋子、作詞:滝田常晴、作曲:小椋佳、編曲:高田弘)も忘れてはいけないでしょう。

 

 

第3回の「広島フラワーフェスティバル」の

 

スペシャルゲストとしてさん芹洋子が選ばれた際に、

 

フラワー賛歌」として歌われたのがきっかけで、

 

現在では公式パンフレットに歌詞が掲載されていますし、

 

開会セレモニーでスペシャルゲストの「フラワー歌手」らによって歌われるのが

 

恒例行事になっているほど定着しているのですよ。

 

広島フラワーフェスティバルの見所は?

祭りのメインは、開催当初から行われている花車や市民が平和大通りを行進する

 

花の総合パレード」と、2002年より行われている「きんさいYOSAKOI」です。

 

順に3日間のイベントを見ていきましょう。

 

5月3日

 

「花の総合パレード」

 

毎年100団体1万人近くが参加する、花をあしらった衣装や演出が特徴のパレードです。

 

約1.2kmの平和大通りが人々で埋め尽くされ、非常に盛り上がります。

 

「ステージ」(~5月5日)

 

約30のステージで約250団体がダンスや音楽を披露します。

 

「ひろば」(~5月5日)

 

平和大通りの緑地帯や平和記念公園に約80か所の「ひろば(ブース)」が作られます。

 

5月5日

 

「きんさいYOSAKOI」

 

鳴子を鳴らしながら、平和大通りと平和記念公園内の「カーネーションステージ」で

 

約90団体5000人が踊り、最終日にふさわしい盛り上がりをみせます。

 

また、平和大通りの側道沿いに並ぶ「観光物産展」では

 

100店を優に超えるブースが特産品やグルメを紹介しています。

 

他にも、「ピースフラワープロジェクト 花育」という、

 

広島を花であふれる街にしよう!」という信念から2011年に始まった取り組みもあります。

 

広島市内やその近郊の学校や施設など約150の団体が育てた花が、

 

フラワーフェスティバル期間中の3日間平和記念公園で展示されます。

 

広島フラワーフェスティバルへのアクセスは?

電車をご利用の場合

 

JR広島駅から路面電車の「宇品線」に乗り「袋町」下車後すぐ。

 

車をご利用の場合

 

山陽道「広島I.C.」から国道54号経由で約8km。

 

 

お祭りの期間中、臨時駐車場はありませんし、歩行者天国になるので交通規制も敷かれます。

 

ですので、なるべく公共交通機関をご利用されるのが良いでしょう。

 

会場近くには次のような駐車場がございます。

 

広島市中央駐車場

 

  • 料金:180円/30分
  • 収容台数:406台

 

 

広島市市営基町駐車場

 

  • 料金:180円/30分
  • 収容台数:465台

 

 

広島フラワーフェスティバルとは? おわりに

いかがでしたでしょうか。

 

今回は「広島フラワーフェスティバル」について見てきました。

 

2019年の5月1日は新元号の幕開けも重なりますので、

 

大きな祝いの意味も込めた、文字通り”華々しい”お祭りになることでしょう。

 

あなたも是非お時間があれば足を運んでみて、その盛り上がりを体感してみてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!