イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

ワールドマスターズゲームとは?歴史や2021年の日程をご紹介!

アジアで初開催となる『関西ワールドマスターズゲームズ2021』。

 

その参加エントリーがいよいよ2020年2月1日から始まります!

 

恐らくほとんどの日本国民はまだその全貌をご存じないのではないでしょうか。

 

 

今回は、日頃からスポーツに励んだり、スポーツ観戦が大好きな方はもちろん、

 

今まで運動競技にあまり馴染みのなかった方にこそ是非とも知っていただきたい

 

ワールドマスターズゲームズについてご紹介していきます。



ワールドマスターズゲームズとは?

ワールドマスターズゲームズ」とは、

概ね30歳以上のスポーツ愛好者であればほぼ誰もが参加できる

生涯スポーツの国際総合競技大会です。

 

デンマークのコペンハーゲンに本部を置く

国際マスターズゲームズ協会(IMGA)主宰のもと、

オリンピックの翌年をめどに約4年に1度開催されています。

 

第10回の記念大会はアジア初でもある日本の関西地区で開かれることが決まっています。

 

ちなみに冬季の大会名称は「ウィンター・ワールドマスターズゲーム」とされており

2020年年明け早々の1月9日~19日までオーストリアで開催されました。

 

◆これまでの開催地(夏季大会)◆

これまでの開催地を見てみると、日本ではまだ馴染みがありませんが、世界中で認知されている大会であることがわかります。

 

第1回 1985年 カナダ(トロント)

第2回 1989年 デンマーク(ヘアニング・オールボー・オーフス)

第3回 1994年 オーストラリア(ブリスベン)

第4回 1998年 アメリカ(ポートランド)

第5回 2002年 オーストラリア(メルボルン)

第6回 2005年 カナダ(エドモントン)

第7回 2009年 オーストラリア(シドニー)

第8回 2013年 イタリア(トリノ)

第9回 2017年 ニュージーランド(オークランド)

◆冬季大会◆

第1回 2010年 スロベニア(ブレッド)

第2回 2015年 カナダ(ケベック・シティー)

第3回 2020年 オーストリア(インスブルック)

 

ワールドマスターズゲームへの参加資格や参加方法は?

ワールドマスターズゲームズは年齢以外の参加資格は特に設けられていない

 

誰でも参加できるオリンピック

 

のような位置づけの大会です。

 

原則として満30歳以上で競技出場可能な健康状態にあれば

出場者としてエントリーできます。素敵ですよね!

 

TDSP(Team Do Sports Portal)の会員登録者は

アーリーエントリーと呼ばれる先行受付が2020年1月6日・AM10:00にスタート

それ以外の一般エントリーは2020年2月1日・AM10:00から始まります。

 

受付終了日はアーリーエントリーが2021年2月28日・PM11:59、

一般エントリーが同年3月31日・PM11:59となっていますが、

それまでに定員となった場合には締め切られます。

 

◆参加料金(1名あたり)◆

1つのエントリーで59競技種目中、5競技種目まで出場可能です。

追加については1競技種目につき2000円が必要となります。

競技観覧のみであれば参加申し込みや参加料金は不要です。

 

どの区分でのエントリーであっても、もれなく『大会参加者キット』が付いてきます。

大会のロゴマークが入ったオリジナルのTシャツやリュックサック、タオルなどのセットで、

このグッズ目当てにサポーターとして参加する人も多いみたいですよ。

 



 

ワールドマスターズゲームズ2021の種目と日程は?

期間は2021年5月14日(金)~5月30日(日)の17日間

全35競技59種目が開催されます。

競技は13府県に分かれて行われます。

 

◆競技と開催場所◆

福井県

  • ライフセービング

滋賀県

  • カヌー(ドラゴンボート)
  • ボート
  • 陸上競技
  • ホッケー
  • ソフトボール
  • 野球(軟式野球)

京都府

  • ソフトテニス
  • ハンドボール
  • カヌー(マラソン)
  • トライアスロン(デュアスロン)
  • 自転車(マウンテンバイク)
  • ゲートボール
  • フライングディスク
  • ハンドボール

大阪府

  • 自転車(BMX)
  • ラグビーフットボール
  • 水泳

兵庫県

  • 水泳(飛込)
  • テコンドー
  • 水泳(水球)
  • 水泳(アーティスティックスイミング)
  • テニス
  • オリエンテーリング
  • バレーボール(ビーチ)
  • カヌー(ポロ)
  • 射撃

奈良県

  • 綱引き
  • カヌー(スプリント)

和歌山県

  • ダンススポーツ
  • セーリング(セーリング)
  • セーリング(ウィンドサーフィン)
  • バレーボール(インドア)
  • 射撃(ライフル)
  • 陸上競技(駅伝)
  • 陸上競技(ハーフマラソン)

鳥取県

  • アーチェリー(アウトドア)
  • アーチェリー(インドア)
  • 柔道
  • 自転車(トラック)
  • 自転車(ロードレース)
  • グランド・ゴルフ

徳島県

  • ボウリング
  • ゴルフ
  • ウェイトリフティング
  • カヌー(スラローム)
  • トライアスロン(トライアスロン)
  • トライアスロン(アクアスロン)

京都市

  • 開会式
  • バドミントン
  • スカッシュ
  • 空手道
  • 陸上競技(トラック&フィールド)
  • バドミントン

大阪市

  • 閉会式

堺市

  • サッカー(サッカー)
  • サッカー(フットサル)

神戸市

  • 陸上競技(競歩)
  • バスケットボール
  • オリエンテーリング(スプリント)
  • 野球(硬式野球)
  • 卓球
  • バスケットボール
  • 水泳(競泳)

 



 

ワールドマスターズゲームとは?歴史や2021年の日程をご紹介! おわりに

いかがでしたか?

 

大会マスコットのかわいいキツネ『スフラ』は

スポーツ・フォー・ライフ(Sports For Life)から名付けられたそうですよ。

 

今年開催される東京オリンピック同様、

日本のスポーツと経済活動が同時に盛り上がるよう

私たちもワールドマスターズゲームに参加・応援していきましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!