イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

2018年に関東・東海でおすすめの屋内スキー場は?厳選5スポットを紹介

昔からウィンタースポーツの代名詞といえばスキー

 

あなたはスキーにトライしたことがありますか?

 

スキーといえば、大自然の中、白銀の雪の上を颯爽と滑り降りるイメージですよね。

 

でも、スキー初心者の場合、滑れない不安の中に加えて、

 

もし急に視界が悪くなったらどうしよう。。

 

もし皆とはぐれたらどうしよう。。

 

もし遭難したらどうしよう。。

 

と、吹雪の雪山へ出かけるのは相当心理的ハードルが高いはずです。

 

そこで今回は、関東・東海で安全に屋内スキーが楽しめる施設を5つ、ご紹介します。



2018年に関東でおすすめの屋内スキー場は? 狭山スキー場

まず1つ目は、埼玉県所沢市にある『狭山スキー場』です。

 

池袋から電車で約40分という都内から一番近い屋内スキー場で、

 

レンタルが充実しているため手ぶらでもスキーが楽しめます

 

優しい斜面は初心者にピッタリで、また技能に応じたレッスンもあるため、

 

上級者も練習するには最適な屋内スキー場です。

 

ぜひ、恐れず足を運んでみてくださいね。

 

住所:埼玉県所沢市上山口2167

電話:04ー2922ー1384

アクセス

・電車

西武狭山線『西武球場前駅』から徒歩約3分

 

・お車

関越自動車道 所沢I.Cから車で約30分

駐車料金は普通車が1.200円(17:00以降700円)、大型車が4.000円

営業期間:10月中旬~4月初旬

営業時間:9:00~22:00 ※オールナイトの日は翌朝6時まで



2018年に関東でおすすめの屋内スキー場は? スノーヴァ溝の口-R246

2つ目は神奈川県川崎市にある『スノーヴァ溝の口ーR246』です。

 

比較的小型のゲレンデですが、1年中営業しているので、

 

オフシーズンでも練習したいと思った時に行けるのが嬉しいですね。

 

初心者から上級者まで、あらゆるレベル別のスクールも充実しているのも魅力の1つです。

 

ぜひ、大自然のスキー場へ行く前にここで練習してみてはいかがでしょうか。

 

住所:神奈川県川崎市高津区下作延5-28-1

電話:044ー844ー1181

アクセス

・電車

JR南武線『津田山駅』から徒歩約3分

・お車

第三京浜 京浜川崎I.Cから約15分

東名高速 東名川崎I.Cから約20分

国道246号線 津田山陸橋交差点から約3分

駐車場100台 料金は滑走時間+1時間半無料

営業期間:年中無休

営業時間:平日12:00~23:00 土日祝日9:00~21:00



2018年に関東でおすすめの屋内スキー場は? スノーヴァ新横浜

3つ目のご紹介は、神奈川県横浜市にある『スノーヴァ新横浜』です。

 

このスキー場の最大の特徴は室内ゲレンデとしては唯一、

 

ライブ中継によりゲレンデの状況がスマホやパソコンでいつでも把握できること。

 

つまり、混雑している時間帯を意図的に避けてお出かけすることが可能なのです。

 

そんな最先端の環境面だけでなく、元オリンピック選手の方や競技系の人たちから

 

ヨーロッパのスキー場のゲレンデのようだ

 

と称されるほど、高い評価がある屋内ゲレンデです。

 

また、冬季のみですがソリ遊びもできるので、お子様と一緒でも楽しむこともできます。

 

都内近郊の人は一度はここを訪れてみてくださいね。

 

住所:神奈川県横浜市鶴見区梶山1−2−43

電話:045ー570ー4141

アクセス

・電車

JR新横浜駅下車 バスターミナル8番線104系統『鶴見駅西口』行

『陸橋下』バス停下車すぐ

JR鶴見駅下車 鶴見駅西口みずほ銀行前乗り場104系統『新横浜駅』行

『陸橋下』バス停下車すぐ

・お車

第三京浜道路 港北I.Cから約20分

首都高速横羽線 汐入I.Cから約20分

駐車場45台

営業期間:年中無休

営業時間:平日11:00~22:00 土日祝日9:30~21:00



2018年に関東でおすすめの屋内スキー場は? カムイみさかスキー場

4つ目にご紹介するのは、山梨県笛吹市にある『カムイみさかスキー場』です。

 

国内最高のクオリティと称される室内ハーフパイプ(※)は、

 

毎日の営業終了後に整備することで、その高クオリティを維持しています。

 

初心者だけでなく中級者や上級者にもレッスンスクールが充実しているので、

 

あらゆるレベルの人が技術を磨くことができるうえ、

 

スキーだけでなくあらゆる種目に対応した素晴らしい施設です。

 

(※)雪面を半円筒状に掘り、その壁を滑ることで勢いをつけてのジャンプやスピン、宙返りなどの技を競うことができます。

 

住所:山梨県笛吹市御坂町上黒駒5321−1

電話:055ー264ー2614

アクセス

・お車

中央道 一宮御坂I.C→R137河口湖方面に約15分

中央道 河口湖I.C→R139河口湖大橋→R137甲府方面に約60分

無料駐車場あり

営業期間:4月下旬~12月上旬

営業時間:9:00~17:30 オールナイト21:00~4:00



2018年に東海でおすすめの屋内スキー場は? スノーヴァ羽鳥

最後にご紹介させていただくのは東海地方、岐阜県羽島市にある『スノーヴァ羽鳥』です。

 

国内最大級にして、東海地方では唯一の1年間通して利用可能な室内ゲレンデ。

 

オフシーズンでも心ゆくまで練習することができます。

 

初心者コースやジャンプコースといったバリエーション豊かなコースが用意されており、

 

初心者から新たな技術を磨きたい上級者まで大満足できる屋内ゲレンデです。

 

ぜひ、足を運んでみてくださいね。

 

住所:岐阜県羽島市福寿町間島1518

電話:058ー394ー0251

アクセス

・電車

新幹線『岐阜羽島駅』から車で約7分

・お車

名神岐阜羽島I.Cから約5分

350台分の無料駐車場あり

営業期間:年中無休

営業時間:月〜土・祝前日9:00~22:00 日・祝日9:00~20:00



2018年に関東でおすすめの屋内スキー場は? おわりに

いかがでしょうか。今回は関東に絞って屋内でスキーが楽しめる施設を5つご紹介させていただきました。

 

屋外のスキー場では、シーズン最初の頃は雪のコンディションが整わない場合もありますが、

 

屋内なら雪のコンディションが常に良好に保たれており、天候にも左右されません

 

どうしてもあいつに負けたくない!

 

あの子の前でカッコよく滑りたい!

 

様々なモチベーションの方が集うのが屋内スキー場のいいところ!(^^

 

ぜひ練習を重ねて自信をつけ、大自然を感じられる白銀の世界への踏み台にしてみましょう!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

文:星野貴史

 

error: Content is protected !!