イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

那須川天心とは?武尊と試合できない理由は?朝倉カンナとの良縁は?


あなたは若くしてその才能を開花させ「神童」との呼び声も高い

 

日本、いや、世界キックボクシング界の至宝・那須川天心選手

 

今回は那須川さんの経歴やライバル武尊選手との対戦の行方、

 

そして気になる彼女の存在などについてご紹介していきます!

 



 

那須川天心とは?

 

  • 名前  :那須川天心(なすかわてんしん)
  • 生年月日:1998年8月18日
  • 身長  :162cm
  • 体重  :55kg
  • 血液型 :B型
  • 出身地 :千葉県
  • 所属  :TARGET/Cygames

 

極真空手に精通していた父の影響で5歳から空手を始めた那須川さん

 

小学校4年生にして空手大会の日本一を獲得すると、

 

翌年には極真空手ジュニア世界大会優勝してしまいます。

このまま空手の道に進むのかと思われたものの、

 

小学校5年生の時にK-1の魔裟斗選手に憧れてキックボクシングの世界へと舵を切ります。

 

高校進学の際には、トレーニングに専念するため千葉県立松戸南高校定時制の午前部を選択。

 

午後は練習や試合に没頭する環境に身を置きました。

 

2014年7月には高校1年生にしてキックボクサーとしてプロデビュー

 

2015年5月にはRISE史上最年少バンタム級王座へと駆け上ります。

 

若武者の勢いは止まらず、わずか3か月後には

 

各団体のシュートボクシング王者によるトーナメント戦BLAD.2にて

 

全試合KO勝ちという偉業を達成。

 

翌年にはキックボクシング団体ISKA世界バンタム級王座を奪取すると、

 

続けてムエタイ現役王者に挑戦しKO勝ちを飾りました。

向かうところ敵なしの那須川さんは満を持して2016年12月

 

RIZINに出場し総合格闘家としてもデビュー!

 

そして格闘技ファンのみならず日本中、全世界で話題になったのが

 

2018年12月に行われた

 

プロボクサー・メイウェザー選手とのエキシビションマッチでした。

 

結果はTKO負け

 

5階級もの体重差というありえないハンデや、キックなしのボクシングルールで挑む

 

という圧倒的不利な条件のもとに行われたこの試合は物議をかもしたものの、

 

彼の姿勢には多くの賛辞も寄せられました。

 

当時の様子をしくじり先生」で本人が語っている動画は必見です。

 

エキシビションは公式記録に残らないため、那須川さんはいまだ無敗記録を更新中です。

 

そんな彼がいま最も戦いたい相手として照準を合わせているのが

 

K-1界の最強エース・武尊選手だと言われています。

 

武尊のプロフィール

 

  • 名前  :武尊(たける)
  • 本名  :世川武尊(せがわたける)
  • 生年月日:1991年7月29日
  • 身長  :168cm
  • 体重  :60kg
  • 血液型 :AB型
  • 出身地 :鳥取県米子市
  • 所属  :K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST

 

武尊という名前

 

古代日本の皇族・日本武尊(やまとたけるのみこと)から命名されたとのこと。

 

名付けた親はセンスがいいですね!

 

彼もまた小学校から空手を始め、K-1に憧れて

 

高校からキックボクシングを始めたという経歴の持ち主です。

 

高校時代に出場したK-1甲子園で監督を務めた前田憲作氏を慕って卒業後に上京。

 

前田氏主催のチームドラゴンに入門

 

2011年Krushにてプロとしてデビューしました。

 

2011年にはKrushアンダー58kg級初代王者に輝き、

 

2015年には新生K-1アンダー55kg級のチャンピオンへと快進撃を続け、

 

K-1参戦以来いまだ無敗を続けています。

 

 

無敗同士。

 

 

関係者やファンが同じ時代に登場した絶対王者二人の対決を期待するのも無理はありません。

 

ところが2019年10月に至っても「那須川天心VS武尊」の試合は組まれていません

 

そこにはきな臭い大人の事情が絡んでいるようです。

 



 

武尊との試合が実現しない理由は?

RISERIZINをはじめ様々な舞台で戦績をあげている那須川さんに対し、

 

武尊さんはRIZINに1度だけ出場した以外、主戦場をK-1に定めて活動しています。

 

これまで那須川さんは幾度となく武尊さんとの試合を熱望していますが、

 

それに対してK-1を運営するM-1スポーツメディアは激怒

 

過度な試合要求は風評被害にあたるとして那須川さんに対し

 

1億円以上の損害賠償を請求する動きを見せました。

 

これは武尊さんが試合を受けないと「逃げている」と思われて

 

権威が落ちることを危惧したためとされています。

 

また、2017年にはRIZIN統括本部長・高田延彦氏がTwitterにて

 

大人の事情で阻むことなく武尊と天心の試合を実現させよう!

 

という旨の呼びかけをしましたが、

 

後日「他団体であるK-1所属選手の対戦について軽率な発言をした」として

 

突如謝罪するという事態に発展。

 

K-1サイドから猛抗議を受けたと想像するに難くない状況も起こりました。

 

高田さん、相当おこられたんでしょうね・・・(涙)

 

高田さんは那須川さんとメイ・ウェザーの試合中も失言をして怒られたとか。。

 

つい最近までK-1サイドは勿論のこと、

 

武尊さん本人も那須川さん側のアプローチを一切無視する姿勢を貫いていましたが

 

2019年6月、事態を大きく揺るがすある出来事が起こりました。

 

何と武尊さんご自身がTwitterで初めて

 

那須川さんとのマッチメイクに関して言及したんです!

 

ファンから「天心さんとの対戦が観たいです」とコメントされたアンサーとして

 

早くやりたいです。待っててください!」と返した武尊さん。

 

コアな格闘技ファンはこの一言に震えたそうです。

 

巷では、

 

  • 「武尊ブランド」を守りたいK-1側が最強の那須川さんを避けている
  • 那須川さんに勝つ自信のない武尊さんが試合を嫌がっている

 

など、武尊サイドの及び腰とみるネガティブな噂が数多く出回っています。

 

真偽は定かではありませんが、筆者個人としては

 

武尊さんはそんな臆病者ではないと感じています。

 

世間の声に傷ついているのではないかと老婆心ながら心配してしまいます。

 

本当に強いもの同士が闘う本気の試合こそが日本格闘技界を盛り上げる一番の戦略です。

 

だからこそ、周囲の大人は選手本人の意思を尊重した大英断をくだして欲しいと願っています。

 

浅倉カンナ選手との良縁は?

  • 名前  :朝倉カンナ(あさくらかんな)
  • 生年月日:1997年10月12日
  • 身長  :158cm
  • 体重  :49kg
  • 血液型 :A型
  • 出身地 :千葉県
  • 所属  :パラエストラ松戸

 

格闘技界では百戦錬磨の那須川さん。

 

とはいえそこは年頃の男性です。

 

しっかりと可愛い彼女がいることも公表しています。

 

そうはいっても、そんじょそこらの女の子ではありません!

 

2017年のRIZINにて女子格闘技界のトップに君臨していたRENA選手

 

チョークスリーパーで失神させ圧倒的勝利でグランプリ王者に輝いた

 

浅倉カンナ選手がそのお相手なんです。

 

この時にはまだお付き合いしていることを公表していませんでしたが勝利の瞬間、

 

人目をはばからず号泣を見せた那須川さんを見ればその想いは一目瞭然です 笑

 

カンナさんもお父さんに幼いころからレスリングを仕込まれ、

 

練習のしすぎで高校を留年してしまったほどの格闘家。

 

彼女と過ごす時間は那須川さんにとっては

 

恋人の枠を超えたアスリート同士の強い絆があるのではないでしょうか。

 

お互い刺激し合い、更なる高みを目指す関係であり続けてほしいものです。

 



 

那須川天心とは?武尊と試合できない理由は?朝倉カンナとの関係は?まとめ

いかがでしたか?

 

那須川天心さんは、喧嘩に明け暮れていた朝倉未来さんとは真逆で

 

喧嘩は一切しない少年で本人曰くビビりだったそうです。

 

その上、編み物やミシンが得意な一面もあるというギャップ萌えがたまらない選手です!

 

そして、これまで同じ階級に武尊さん以外にもう対戦相手がいないとされていた那須川さんですが、

 

ここにきてもう一人名前が挙がってきたのが「朝倉海」さんです

 

朝倉海さんの総合格闘技と那須川さんのキックボクシングでは競技が異なるものの、

 

朝倉海さんの打撃センスを見ていると「もしかしたら・・・」と感じてしまうのも事実です。

 

 

武尊さん同様、若武者たちの奮闘をわたしたちも見守っていきましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!