イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報をご紹介!

2019桐生八木節まつりのブルーインパルスとベリーダンスをご紹介

2019/05/21

群馬県桐生市で8月に開催される「桐生八木節(きりゅうやぎぶし)まつり」は

 

毎年50万人を超える来場者数で賑わいます。

 

2018年「桐生八木節まつり」ではPRの一環として

 

ブルーインパルス」の展示飛行が行われ、

 

来場者数は62万人にのぼり大変な盛り上がりをみせました。

 

そんな大盛況だった「ブルーインパルス」が

 

2019年の「桐生八木節まつり」でもみられるのでしょうか。

 

そして、もうひとつの注目として

 

ダンス八木節の「ベリーダンスも大きな話題を呼びました。

 

今回は「2019年桐生八木節まつりのブルーインパルスとベリーダンス」について

 

ご紹介していきたいと思います。



2019年桐生八木節まつりのイベント

桐生八木節まつり

 

  • 会場:群馬県桐生市中心街(本町通り、末広通り)
  • 日程:2019年8月2日(金)~8月4日(日)
    8月の第一週目の金曜~日曜の3日間に開催

 

【主なイベント】

 

  • 全日本八木節競演大会
  • 子どもみこしまつり
  • みこし渡御
  • 八木節子ども大会
  • ジャンボパレード
  • ダンス八木節
  • 桐生八木節おどり競演大会
  • 八木節おどり(各所)

 

桐生八木節まつりではこのようにたくさんのイベントが開催されます。



桐生八木節まつりのブルーインパルス展示飛行は?

2018年に飛行した際の情報をご紹介します。

 

  • 飛行日:2018年8月4日(土)祭り2日目
  • 飛行時間:16:30~16:55
    本番では予定よりも10分ほど遅れてスタートしました。
  • 飛行場所:桐生八木節まつり会場(本町通り、末広通り)から展示飛行がみえる桐生市内上空

ブルーインパルスの飛行高度は通常、地上約450メートルからですが

 

桐生八木節まつりの展示飛行では山に囲まれた地形を考慮して

 

通常よりも高い地上約600メートルの上空を飛行しました。

 

披露された課目は、「サクラ」という6機がリーダーの合図で一斉に左へ旋回しながら

 

円を描き6つの円でさくらの花を表現する技です。

 

この「サクラ」は各機体の間隔がきれいにそろっていないと成功しない

 

とても難易度の高い技です。

 

その他にも2機でハートを描く

 

  • 「キューピッド」
  • 「サンライズ」

 

などが披露され観客たちを沸かせました。

 

 

ブルーインパルスの隊員

注目されたブルーインパルス隊員は福田哲雄2等空佐(1番機飛行隊長)です。

 

福田2佐は埼玉県出身ですが、群馬大学で学生時代を過ごしました。

 

そのため桐生市は学生時代の思い出の地であり凱旋飛行となっています。

 

飛行隊員

 

  • 1番機 福田2佐/海野3佐
  • 2番機 中村1尉
  • 3番機 久保1尉
  • 4番機 村上1尉
  • 5番機 元廣3佐
  • 6番機 佐藤1尉
  • ナレーション 河野3尉
  • 地上統制 越後3尉

 

ブルーインパルス見学&撮影スポット

祭り会場からは一番近くで飛行をみることができますが

 

真下から飛行機の動きを追うのは簡単ではありません。

 

また、まわりの建物が邪魔になり、よく見えない可能性もあります。

 

そこで、見学や撮影に適した周辺スポットをご紹介します。

 

水道山公園

 

水道山公園は桜の名所としても知られています。

 

また夜景が綺麗なスポットとしても有名です。

 

山頂は市街地から標高差が約100メートルあり、

 

桐生市を一望できるのでブルーインパルスの展示飛行も確実に見えます

 

 

渡良瀬川河川敷

 

サクラ遊園

 

渡良瀬川河川敷にあるサッカー場として使用されている広場です。

 

祭りの会場からさほど離れずに行けるスポットです。

 

ひらけた場所なので混雑も気にせずブルーインパルスの展示飛行を見ることができます

 

但し、河川敷のため日陰がなく季節がら熱中症には注意が必要です。

 

 

小梅琴平公園

 

犬の散歩や家族連れなどで賑わう芝生の公園です。

 

こちらもひらけた場所のためブルーインパルスの展示飛行はよく見えます

 

サクラ遊園と同様に熱中症には注意が必要です。

 

 

桐生ヶ丘公園

 

高台に位置する入場料が無料の動物園と遊園地です。

 

桐生市が一望できるスポットとなっています。

 



2019年の桐生八木節まつりではブルーインパルス展示飛行はあるのか?

2018年はブルーインパルスの展示飛行が大変注目を浴び、

 

62万人という来場者数で賑わいをみせた桐生八木節まつりですが、

 

2019年の開催ではまたブルーインパルスの展示飛行が行われるのでしょうか。

 

調べてみたところ、

 

2019年4月、現時点での桐生市からのブルーインパルスの展示飛行は発表されていません。

 

その他の2019年桐生八木節まつりの情報にもブルーインパルスは出ていません。

 

また2019年のブルーインパルスの展示飛行予定にも桐生八木節まつりは入っていません。

 

このことから2019年の桐生八木節まつりでは

 

ブルーインパルスの展示飛行は行われない可能性が高いと推測できます。

 

残念ではありますが、次回開催されることに期待しましょう。

 

その際はブルーインパルスの見学&撮影スポットを参考にしてみてくださいね。



桐生八木節まつりのベリーダンスとは?

桐生八木節まつりで人気のイベントとなっているのが「ダンス八木節」です。

 

そのダンス八木節の中で注目を集めている「ベリーダンス」を紹介します。

 

ダンス八木節では曲の中に

 

30秒程度の八木節のフレーズが入っていることが条件になっていますが、

 

踊りや振り付けは自由となっています。

 

2018年のダンス八木節では

 

「GRACE dance school」のベリーダンスチームが注目を集めました。

 

 

過去には「ベリーダンススタジオ パワフルマドンナ」のチームも出場して

 

盛り上がりをみせました。



ダンス八木節のルールは?

ダンス八木節のルールや出場部門について紹介します。

 

コンテスト部門(審査あり)

 

  • キッズ部門(小学生以下)
  • 一般部門(中学生以上)

 

ショーケース部門(審査なし)

 

年齢制限はありません。

 

参加資格

 

  • 踊りの好きな方
  • 男女問いません
  • 1チーム5名以上

 

踊り

 

踊り、振り付けは自由。

 

よさこい、フラダンス、ジャズダンスでもジャンルは問いません。

 

衣装

 

オリジナルのものでチームの特徴を表現する衣装にしてください。

 

音楽

 

  • 曲の中に30秒程度の八木節フレーズを必ず入れてください。
  • 曲の長さは4分30秒以内。

 

ダンス八木節にはこのようなルールがあり、

 

条件を満たせば様々なジャンルのダンスチームが出場することができます。

 

今年2019年は過去に大盛況だった「ベリーダンス」のように

 

様々なジャンルからの出場が期待されています。



2019桐生八木節まつりのブルーインパルスとベリーダンスをご紹介 おわりに

いかがだったでしょうか。

 

今回は桐生八木節まつりのブルーインパルスとベリーダンスについて

 

ご紹介させていただきました。

 

桐生八木節まつりでは毎年たくさんのイベントが行われ集客にもとても力を入れています。

 

今年2019年は残念ながらブルーインパルスの展示飛行は行われません

 

ダンス八木節など魅力的なイベントがたくさんあります。

 

紹介した「ベリーダンス」もチームとしてはまだまだ少ないものの、

 

これからますます桐生八木節まつりを盛り上げてくれることが期待できます。

 

今年2019年の夏は是非「桐生八木節まつり」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

その際はこまめに水分補給等を心掛け熱中症には十分注意してお楽しみください。

 

また、混雑が想定される当日の駐車場の情報は当サイトの「桐生八木節まつりをスマートに楽しむための駐車場と交通規制をご紹介」も併せてお読みいただけると幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

スポンサーリンク




御パンダ
記事の検索
カテゴリー
「お気に入り」に追加しよう!

「お気に入り」に登録いただくと次回アクセスが便利!
 

登録方法は【Ctrl + Dボタン】です。

スポンサーリンク




error: Content is protected !!