イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

自己愛性人格障害とは?顔つきや特徴をわかりやすくご説明

 

あなたは2016年に起こった神奈川県相模原の知的障がい者施設で

 

入居者らが刃物で刺され19人が死亡、27人が重軽傷を負った事件を

 

ご存知でしょうか。

 

この際、犯人は施設の元職員で患っていたとされる「自己愛性人格障害」が

 

話題になりました。

 

自己愛は誰もが持つ生きていくのに必要な要素ですが、

 

度を越えた自己愛はトラブルを生みます。

 

やっかいなのは人それぞれ、どれくらいの量の自己愛を持っており、

 

コントロールができているのか可視化して見えないことではないでしょうか。

 

今回は、自己愛性人格障害とは何か、多いとされている顔つきや特徴、

 

見分け方をわかりやすくご説明していきますね。

   

自己愛性人格障害とは?

自己愛性人格障害とは、「自分自身を愛する」という

 

生きる上で必要な行為が肥大化し、

 

  • 「自分は周りより重要な人間だ」
  • 「周りには自分を理解できないから自分はくすぶっている」

 

などといった妄想的な誇大感を持つようになります。

 

身近な言葉でいえば

 

「ナルシスト」

 

でしょうか。

 

「ナルシスト」と聞くと常に鏡を見ていて、

 

自分に酔った人を思い浮かべてしまいますが、

 

本来の意味は、「自分自身を愛する」だけではなく悲しい理由があります。

 

そう、その裏には

 

「ありのままの自分を愛することができない」悲壮感があるのです。

自己愛性人格障害の人の顔つきは?

 

自己愛性人格障害を患う人々は、顔つきなどの外見にも共通性が多く

 

特に目に特徴があるとされています。

 

常に不機嫌な原因があたかも周りにあるかのような眼光で、

 

男なら爬虫類女なら般若のような顔をしていると言われています。

 

ただ、当然ですが、自己愛性人格障害でなく、それに近い顔つきの方も

 

いますので、安易に断定しないよう注意しましょう。

 

自己愛性人格障害の人の特徴は?

 

自己愛性人格障害の人には特徴があります。

自分への過大評価

自己愛性人格障害の人にとって自分の重要性は非常に大きなものです。

 

  • 常に限りない成功(例:自分は将来的に何10億円を稼いで有名女優と結婚できる妄想)、
  • 権力(自分は将来的に有名店のオーナーになって世界中の偉人と会談する妄想)
  • 才能(自分は本気を出せば大抵のことはできる妄想)

 

などといった誇大妄想に日々とらわれています。

 

そのため、自分は自分に見合った権力者や有名女優などにしか理解されないと思い込み、

 

自分だけに特別な計らいや特権があると信じており、

 

些末な事も誇大妄想に繋げていきます。

 

(あ、今あの子は俺の事みてたから俺に気があるな・・などのレベルではありません)

 

自分自身の目的の達成の為なら、他人を利用する。

 

自己愛性人格障害の人は他人に対する共感ができず、

 

嫉妬心が強い特徴があります。

 

そのため、自分より「下」と感じた相手には尊大で横柄な態度や行動

 

とります。

自分の状態に気付いていない

自己愛性人格障害の人は、

 

その自分中心にしか物事を見られない視野の狭さ、気質から、

 

自らの言動不一致、生きにくさに気づくことはほとんどなく、

 

気が付いても目を逸らし、妄想の世界に浸って、決して認めたり、反省はしません。

 

そのため、その自己愛性人格障害によって引き起こされた、

 

何かしらの二次障害の発端を遡ることで自覚することが多いそうです。

 

自己愛性人格障害の二次障害とは?

二次障害とは、例えば

 

  • 不安障害
  • うつ
  • パニック障害
  • 摂食障害
  • 不眠症
  • 心身症
  • 自傷行為

 

などが含まれます。

 

これらの症状が出てくることで、医療機関を受診し、原因を探っていくと

 

自己愛性人格障害があった、ということが多々あるようです。

   

自己愛性人格障害の人が生まれる原因は?

自己愛性人格障害の原因は生まれつきの先天性の他に、

 

子ども時代の経験からくる後天性な要素もあるといわれています。

 

  • 親が必要以上に過保護
  • 親が愛情を与えないネグレクト

 

子どもは、育ての親と関わる中で自分の存在を意識し、自己概念を育みます。

 

つまり、どんな時でも育ての親を必要とし、自分が自分であるというのは

 

親があって成り立ちます。

 

育ての親の眼差しを感じて、自分の価値を認識していくのです。

 

このため、育ての親から愛情をたっぷり貰うことで、

 

自己形成はしっかりしていき、

 

心豊かな人間関係の土台が作られます。

 

しかし、育ての親の不在やネグレクト(虐待、過干渉)のもとで育った人は、

 

自分が素晴らしい存在であるということを確信できず、

 

自己愛が歪んだ形であらわれ、心身を病む原因となります。

 

自己愛性人格障害の治療法は?

人格とは、生まれ育った環境や長年の積み重ねによって

 

形成されているものなので、変えることは大変困難です。

 

社会において、何かしら困難さを感じ、うまく適応出来ないと悩んでいるなら、

 

それを改善するために、薬物療法や精神療法に取り組む意味がありますが、

 

自分の症状に自覚がなく、不自由を感じていないのであれば、

 

自ら治療を受けることはないでしょう。

 

こういう場合は、周りが振り回されることが多いのです。

 

治療は、主に薬物療法カウンセリングになります。

 

気分の浮き沈みを調整し、ストレスによるダメージなどを和らげるように

 

対処していきます。

 

治療をしたからと言って治るわけではありません。

 

自分の症状をコントロールすることが大切です。

   

自己愛性人格障害とは?顔つきや特徴をわかりやすくご説明 おわりに

いかがでしたでしょうか。

 

自己愛。。

 

誰もが多かれ少なかれ自己愛を持っています。

 

しかし、大人になるにつれ、自己愛が「主観」と認識し、

 

「客観」で自分自身を律する視点も兼ね備えていきます。

 

ただ、自己愛性人格障害の学生であれば「俺が、俺が」でまだ可愛げがあります。

 

でも、そのまま社会人になると、「自分だけが良ければよい」凶暴な人になります。

 

例えば、仕事で自分がミスしてチームのみんなが休憩をとらずカバーしてくれている状況下でも

 

「周りが自分のために動くのは当然で、自分だけは特別で、休憩する権利があるから。」

 

と、平気で自分だけは休憩し、自分ファーストの行動をとり続けます。

 

これがエスカレートすると、相模原の事件の犯人のように殺害理由を

 

障害者は生きていても仕方がないから。

 

と、主観的な発言をし続けて妄想の中で正当化し、本当に実行してしまう人もいます。

 

多くの人から見ればこの発言が身勝手だと思われるのですが、

 

自己愛性人格障害の人からしたら自分の妄想世界では「正しいこと」で、

 

悪いことをしている自覚は一切なく反省もできません。

 

また、自己愛性人格障害の人は「自分は正しい」気持ちが強いため、

 

孤立していても目を逸らして本人は気持ちよく生活しているケースも多く、

 

周りからは

 

  • 「とっつきにくい人」
  • 「ちょっと怖い変な人」

 

として、扱われている場合が多いとされています。

 

症状は人それぞれであり、ナルシストで大口をたたくだけの人もいます。

 

ただ、いつの時代もこういった人種が一定数存在するということは、

 

世の中は一定数こういう人を好んでしまう人もいるということです。

 

具体的には、自己愛性人格障害のような自分に異様に自信をもって疑わない人に対して、

 

何でも言うことを聞いてしまう、むしろ命令されて自分の存在価値を確かめようとする

 

依存症(メンヘラ気質な人)もいるということです。

 

しかし、多くの人は、自己愛性人格障害の人と関わると、

 

散々振り回された挙句、良いことはないでしょう。

 

自分の人生を大切に生きるためにも、

 

自分だけを優先し、あなたの人生を雑に扱ってくる人には、

 

刺激しないよう距離を置いて離れることで

 

あなたや、あなたの周りの人の人生を摩耗させないようにしましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!