注目キーワード
  1. PCR
  2. コロナ
  3. 格闘技
  4. お祭り
  5. イベント
イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

授乳ブラとは?垂れないオススメは?いつまでつければいいの?

出産後に必要なものと言えば、おむつ肌着など赤ちゃんのものだけでなく

 

出産後のママにも必要なものがいくつかあります。

 

その中の一つが「授乳ブラ」。

 

そこで今回は授乳ブラについて、垂れないオススメや、

 

いつまでつければいいのかなどを併せてご紹介していきますね。

 

授乳ブラとは?

 

長いようで短い授乳期

 

赤ちゃんにとって大切な栄養源になる母乳を出すため、

 

乳房は特殊な状態になっているとともに、

 

ピーク時には1日10回以上も授乳をするケースもあります。

 

授乳ブラジャーは、そんなデリケートな状態の乳房を保護するとともに

 

頻繁な授乳スムーズにこなすためのキーアイテムです。

 

最近では妊娠中から使えるように、

 

マタニティブラ授乳ブラの機能を兼ねているものが主流ですが、

 

授乳中は授乳用の機能に特化した授乳ブラ」の使用がおすすめです。

 

授乳が楽になるだけでなく、卒乳後の垂れ防止補正にも効果があります。

 

授乳ブラは締めつけず乳房を保護するという点ではマタニティブラと共通していますが、

 

  • 授乳しやすい形状になっている
  • 母乳の染みを防ぐ

 

と、授乳期に特化した特性が重視されます。

 

出産前でも母乳が出る方や、出産後母乳が必要以上に出る体質の方も多くいます。

 

授乳しているとき赤ちゃんが吸っていないほうの乳房から母乳が出てしまい

 

衣類に染みを作ってしまう…というパターンも珍しくありません。

 

授乳ブラはそうした事情にも対処するために、

 

  • 予めパッドがついているもの
  • あとから入れることができるもの

 

がほとんどです。

 

妊娠中にマタニティブラとして購入する場合でも、

 

パッドの有無素材を確認しておくとよいでしょう。

 

垂れないオススメは?

ただ楽なブラジャーを選んでしまうと、

 

授乳が終わったときにバストが垂れてしまったり

 

しぼんだりしてしまうこともあります。

 

出産前の余裕がある時期にできる限り考慮して良いものを選んでおくとよいでしょう。

 

授乳ブラを選ぶおススメポイントは?

授乳ブラを選ぶときには締め付けず、きちんとホールドしてくれるものを

 

女性は妊娠すると授乳のために乳腺が発達します。

 

締め付けてしまうと乳腺が十分に発達できず、母乳が出にくくなることもあります。

 

肩のストラップは幅広のものを

 

バストが大きくなるということは重さも増えるということです。

 

肩のストラップ部分は細いものよりも、幅の広いものがおすすめです。

 

妊娠前より1~2カップ大きいサイズを

 

出産前は特に乳腺が発達するので、バストのサイズが大きくなります。

 

普段使っていたブラジャーのサイズより1~2カップ大きいサイズを選びましょう。

 

授乳ブラでオススメのタイプは?

クロスオープン型

 

カシュクールのようにフロント部分が交差しているタイプ

 

向いているバストサイズは小中で、特徴は以下の通りです。

 

  • 片手でさっとパッドをずらしてとにかく簡単に授乳できる
  • 包み込むような着け心地と締めつけ感のなさで楽
  • サイドも開く2way仕様のものも多くある
  • ハーフトップタイプが多いのでその場合サイズ調整ができない
  • カップを引っ張るようにずらすのでしっかりしたものを選ばないと伸びやすい
  • ほかのタイプよりはだけやすいため、胸が大きいと寝ているあいだに乳房がはみ出て母乳が漏れてしまうことも

 

フロントオープン型

 

前面についたボタンを開閉して使うタイプ

 

向いているバストサイズは小中大の万能型で特徴は以下の通りです。

 

  • 乳房全体を出すことができるので授乳しやすい
  • 赤ちゃんの顔にブラジャーが当たりにくい
  • カップが深いものが多いのではだけにくく胸のサイズを問わない
  • ボタンを外すと両方の乳房が出るので、人によっては授乳のとき片側を手で抑えるなどして母乳の漏れを防ぐ必要がある
  • ボタンを閉じるのに両手を使わなくてはいけない

 

ストラップオープン型

 

カップ上部をストラップから外すことで乳房を出せるタイプ

 

向いているバストサイズは小中大と万能型で、特徴は以下の通りです。

 

  • 通常のブラのようなデザインが選べる
  • 安定感があり胸をしっかり支えてくれる
  • ほかのタイプよりホールド力があるぶん体調によっては締めつけが気になる
  • カップを外す作業に慣れるまでもたつくことも

 

ウィンドウオープン型

 

ストラップオープン型に似ていますが、カップが二重構造になっていて

 

カップをストラップから外すと乳首部分のみが露出するようにできているタイプ

 

向いているバストサイズは大特徴は以下の通りです。

 

  • 露出が最小限で済む
  • 授乳中含めバストがしっかり支えられた状態を維持できる

 

授乳ブラはいつまでつければいいの?

赤ちゃんが卒乳して離乳食を始めても、母乳は急には止まりません

 

断乳・卒乳しても母乳が止まるまで

 

授乳ブラをしておいたほうがいいでしょう。

 

個人差はありますが、赤ちゃんが吸わなくなってから1~2ヶ月で母乳が出なくなり、

 

それに伴って形が変化します。

 

卒乳後すぐに普通のブラジャーに戻してもバストの形が落ち着き切っていないため、

 

あとからサイズが合わなくなってしまったり、

 

まだ乳腺が活動していて負担がかかることにより

 

乳腺炎になってしまうこともあります

 

妊娠期と同じように「体が変化する時期」ですから、

 

自身の体を労るつもりで少しずつ移行しましょう。

 

授乳ブラとは?垂れないオススメは?いつまでつければいいの? おわりに

 

さまざまな種類のある授乳ブラ

 

いかがでしたでしょうか。

 

ママのライフスタイルやバストのサイズなどによって、

 

ぴったり合うブラも違ってきますが、

 

やはり自分に合ったものを使うのがいちばん大切です。

 

妊娠後は、バストの大きな変化に戸惑うこともありますが、

 

そんなママが便利に使えるように先人たちが発案したのが授乳ブラです。

 

振り返ると授乳期は短いものですが、実際に授乳真っ只中のうちは

 

睡眠時間もまとまって取れず、体力も消耗している状態が続くため、

 

実際の時間よりも長く感じてしまう人も多いようです。

 

そんな大変な時期をサポートしてくれる授乳ブラは、

 

赤ちゃんにとってもお母さんにとっても大切なアイテムといえるでしょう。

 

最近では着けていて気分が上がるようなかわいいデザインも多くあります。

 

授乳ブラは通常のブラに比べると着用する期間は短いものですが、

 

見た目も機能もお気に入りのブラジャーは、

 

きっとあなたの心強い味方として活躍してくれるでしょう。

 

当サイトでは優秀な授乳ブラとして機能性だけでなくデザインも兼ね備えた

 

ラディアンヌのリフトアップマタニティブラをオススメしています。

 

授乳がしやすく、楽で快適な着け心地はもちろん、

 

ラディアンヌならではの補正機能を備えており、

 

産後の垂れ胸を防いでくれるだけではなく、ナイトブラとしても優秀なんです。
 

ラディアンヌのブラの特徴をまとめると、

 

  1. 授乳ブラでも黄金比率のバストスタイルを保ってくれる
  2. ノンワイヤーで快適な着け心地!
  3. フロントホックで卒乳後の垂れ胸を予防してくれる
  4. 片手でさっと授乳できるクロスオープンで、らくらく授乳できる
  5. 伸縮性のあるコットン生地で胸を包み込むようにしっかり保護してくれる
  6. 肩紐と4列3段ホックでサイズ変化にも対応している

 

それだけではありません、さらに!

 

  1. 1点のみの購入でも新しいサイズを送ってもらう際の送料が無料
  2. 2点以上を購入するとサイズが合わない場合の返送料も無料
  3. 3点以上の購入でショーツ1枚、4点以上の購入でブラ専用ネットがプレゼント

 

まさに至れり尽くせりではないでしょうか(^^

 

よろしければぜひ、お試しくださいね。


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!