イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

愛媛『新居浜太鼓祭り』2018年の日時・場所・アクセスは?

新居浜(にいはま)太鼓祭りは、四国三大まつりの一つで、徳島県の阿波踊り高知県のよさこいまつりと並んで有名です。

 

このお祭り、日本三大喧嘩祭りの一つでもあり、

 

別名「男祭り」と言われます。

 

威勢のいい150人もの男達が一台の神輿型のだんじりを担いで、

 

だんじり同士をぶつけ合いながら練り歩くという迫力満点のお祭りなのです。

 

毎年、愛媛県以外からも沢山の観光客が訪れ、当日の興奮は最高潮に達します。

 

今回は、2018年の新居浜太鼓台祭りの情報(日程、場所、アクセス、見所)をご紹介いたします。

 



 

新居浜太鼓祭りはいつ?

2018年の新居浜太鼓祭りは以下の日程です。

 

日時:10月16日(火)〜10月18日(木)

 

※大生院地区は10月15日(月)~10月17日(水)

 

新居浜太鼓祭りへのアクセスは?

場所:以下3か所となります。

 

【1】新居浜駅広場

【2】山根公園市民グラウンド会場(会場近くまで無料シャトルバスの運行あり。)

 

【3】その他、新居浜市各所

 

問合せ先:新居浜市運輸観光課

電話 :0897-65-1261

 

アクセス:JR新居浜駅からせとうちバスにてそれぞれの開催場所へ

せとうちバス問合せ先:新居浜営業所

電話:0897-33-9166

 



 

新居浜太鼓祭りの見所は?

このお祭りの見所はやはり“かきくらべ”だと思います。

 

“かきくらべ”とは、

 

だんじりを担ぐ(かく)、そして競い合う(くらべ)からきています。

 

もともとは、秋の農作物の収穫や瀬戸内の海の恵みを

 

神様に感謝するお祭りで、神前でだんじりを担いで祝うことから始まったと伝えられています。

 

それが、だんじりの豪華さなどを競い合うようになっていったようです。

 

太鼓台は、一台…

 

数千万〜1億円

 

かけて飾り立てられているとか。

 

一台一台みていくと彫刻や刺繍など本当に細やかな趣があります。

 

太鼓台は、各地区に数台から10数台あります。

 

この太鼓台は、地区を出ることはなく、地区ごとにかきくらべを行います。

 

かきくらべは、太鼓の音に合わせて、両手を伸ばして頭上に担ぎ上げたり、

 

太鼓台を揺らして飾りが左右に揺れる美しさを競います。

 

150人の男達が「ソーリャ、ソーリャ」「チョーサージャー」という

 

かけ声をあげながら担ぐ姿は迫力満点です!

 

ちなみにこのかきくらべ、一宮神社の表参道には全席指定の有料席も用意されています。

 

せっかくですから、特等席で存分に楽しんでみてはいかがでしょうか。

 



 

新居浜太鼓祭りの喧嘩祭りとは?

神様に感謝するお祭りで…喧嘩!?

 

前述の通り、新居浜太鼓台祭りの見所はかきくらべです。

 

地区の男達は、華麗に勇壮に担ぎ上げるために一生懸命に担ぎます。

 

左右にだんじりを振るとき、道ですれ違うとき…

 

だんじりはぶつかり合い、力比べの押し合い、肉弾戦が始まります

 

それが、段々エキサイトし本物の喧嘩になってしまうこともあるのです。

 

御パンダは、怖いと思いつつも、男の人たちの熱い戦いに…

 

心の中では「いけいけ〜!と血が騒ぎ出します。

 

以下は2017年の新居浜太鼓祭りの様子です。すごい臨場感!

 

喧嘩に巻き込まれないための注意点

この喧嘩…地元では暗黙の了解的なところがありますが、

 

昔から因縁があるとされる太鼓台同士があります

 

あまりに喧嘩が過ぎて重傷者が出たこともあるとか。

 

そのため、今では因縁があるところは

 

隔年での参加にして顔を合わせないように工夫されているそうですが

 

…それでもやはり喧嘩は起こります。

 

お祭りは楽しみたいけど喧嘩に巻き込まれるのは御免だ

 

そんなあなたは、

 

すれ違いがしにくく喧嘩になりやすい狭い道の付近には近づかないように

 

心掛けておくと良いでしょう。

 

逆に、喧嘩祭りなんだから喧嘩を見たい…

 

そんなあなたは、前述の狭い道でのかきくらべを狙って鑑賞すると良いでしょう。

 



 

新居浜市の観光

 

遠方からお越しの方はせっかくですから、太鼓祭りを観るついでに

 

新居浜の素晴らしい観光名所へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

ここでは御パンダのオススメを2つほどご紹介させていただきます。

 

別子銅山(マントピア別子)

なんと、別子銅山の施設跡がテーマパークになっています。

 

トロッコ電車に乗っていくと、銅山の発掘体験・展示で学べる観光坑道があります。

 

徒歩でも行けますが…お子さまがいらっしゃる方はトロッコ電車に喜んでくれるはず。

 

観光坑道には、実際に発掘で使っていた道具を触ってみたり

 

(湧き水をくむ重さの体験などが出来ます)、ジオラマで色々学べます。

 

坑道のなかは、ひんやりしていて気持ちいいですよ。

 

他にもBBQが出来るところや、砂金すくいも出来ます。

 

季節の花もきれいで散歩にも最適で、子供から大人まで楽しめるスポットです。

 

特に入口で売られている“いよかんソフトクリーム”は絶品です!

 

愛媛県総合科学博物館
黒川紀章の設計の近代的な建物の博物館です。

 

動くティラノザウルストリケラトプスの展示があります。

 

科学館には、電気の仕組みやピタゴラスイッチみたいな仕掛けもみられます。

 

トリックアートで写真を撮るところもあります。

 

こちらも子供から大人まで楽しめるオススメスポットとなります。

 

新居浜のお土産

 

太鼓祭りに関係したお土産と言えば…

 

・千寿庵の“太鼓祭り”

 

栗と粒あんが入ったお饅頭です。栗の甘さが絶妙です!

 

・永久堂の“かきくらべ”

 

パウンドケーキのような生地に、黒あん(つぶ)と白あんが入ったものがあります。

 

ほどよい甘さで美味しい!

 

ちなみに御パンダのお勧めは、白あんでございます。

 



 

新居浜太鼓祭り おわりに

 

国内有数の喧嘩祭りをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

150人の男達がだんじりをかつぐ姿は壮観です。

 

ちなみにこの新居浜市はとても魅力的な街で、映画「ふたつの昨日と僕の未来」の舞台となっており、このお祭りも登場します。

 

当サイトでは「新居浜市とは?歴史や見所は?映画「ふたつの昨日と僕の未来」の舞台」で特集していますので、是非お読みくださいね。(^^♪

 

今年2018年は、涼しくなってくる秋の始まりを熱いお祭りで楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!