イベントやグルメ、スポーツなど心躍るエンタメ情報やお役立ち豆知識をご紹介します

バスケットボールの日とは?12月21日になったのはなぜ?由来をご紹介します


NBAのドラフト会議で、日本選手初の1巡目指名を受けた

 

八村塁(はちむらるい)選手の影響もあって

 

今最も注目を浴びているスポーツ「バスケットボール」!

 

40代前後の人であれば「スラムダンク」以来の

 

バスケットボールフィーバーですよね。

 

あなたはそんなバスケットボールの記念日

 

「バスケットボールの日」が12月21日であることを知っていますか?

 

今回はバスケットボールの日とは?由来や、12月21日になったのはなぜか、

 

わかりやすくご紹介していきますね!



バスケットボールの日とは?

野球やサッカー、ゴルフなど、世界で愛されるボール競技がたくさんある中で、

 

バスケットボールは唯一、発祥の日が判明しています。

 

そのため、バスケの歴史の始まりの日が

 

バスケットボールの日として記念日が制定されました。

 

バスケットボールの日の由来は?なぜ12月21日なの?

バスケットボールの日を作ったのは、

 

なんとあのバスケットッボールの解説者で知られる島本和彦さん

 

島本和彦さんは、アメリカのプロバスケットリーグである

 

NBAのファンクラブの代表を務めるほどのバスケットボール愛好家です。

 

島本和彦さんは、バスケットボールが考案されてから

 

初めての試合が行われた12月21日を「バスケットボールの日」として制定することで、

 

バスケットボールをもっと多くの人にとって身近なものにしようとしたそうです。

 

バスケットボールのはじまりはどこ?誰が考えたの?

 

バスケットボールを考案したのは、カナダ人のジェームズ・ネイスミス博士

 

1891年のことでした。

 

アメリカマサチューセッツ州スプリングフィールドの

 

国際YMCAトレーニングスクールで体育の教官をしていたジェームズさんは、

 

冬の屋内で行う体操中心のプログラムにやる気のない学生

 

モチベーション改善させるよう命じられます。

 

そこで、冬に屋内で楽しくプレーできる新しい競技として、

 

  1. ボールを使用すること
  2. ラフプレーを取り除く必要からタックルをなくすためボールを保持したまま走ってはいけないこと
  3. ゴールをプレーヤーの頭上に水平に設置すること

 

といった13のルールを設定し、1891年12月21日、

 

国際YMCAトレーニングスクールで

 

18人の学生を9人ずつに分け初めての試合が行われます。

当初、ボールはサッカーボールが用いられ、

 

ゴールは45cm四方の箱を想定していましたが、

 

用意できなかったため(適当・・笑)、

 

代わりに桃を入れる籠(かご)を体育館のバルコニーに取り付けて行ったそうです。

 

このときのゴールの高さ10フィート(3.05m)

 

以後変更されることなく現在に至っています。

 

初めての試合でゴールに使用された(かご)の事

 

英語で「バスケット」と呼ぶ事からバスケットボールと呼ぶようになりました

 

初めての試合が行われると、その絶妙なルール面白さ真新しさから、

 

バスケットボールはすぐに評判になり急速に広まっていきました。

 

1904年から1924年にはオリンピックの公開競技としても行われ、

 

さらに1932年6月には国際バスケットボール連盟(FIBA)が結成、

 

1936年ベルリンオリンピックからは男子オリンピック正式種目に採用されました。

 

アメリカ国内では、1946年に男子プロバスケットボールリーグBAAが創設され、

 

3年後NBLと合併NBAが誕生しました。



日本のバスケットボールはいつから始まった?

日本にバスケットボールが伝わったのは、1908年の事で、

 

YMCAの訓練校を卒業した大森兵蔵東京YMCAで初めて紹介した事が始まりでした。

 

その後、1924年には、

 

  • 早稲田大学
  • 立教大学
  • 東京商科大学

 

全日本学生籠球連合を結成し、全国各地で対抗戦が行われました。

 

1930年には日本バスケットボール協会(JABBA)が設立され、

 

1990年に当時の若者を一気にバスケットボール好きにさせた

 

名作バスケットボール漫画「スラムダンク

 

少年ジャンプで連載が始まり、競技人口を爆発的に増やしました。

 

2005年には日本初のプロリーグbjリーグが発足しました。

 

バスケットボールの日のイベントは何があるの?

バスケットボールの日には、全国各地でたくさんのイベントが開催されており、

 

あの能代工業高校のある秋田から東京、沖縄まで本当に開催場所はさまざまです。

 

その中でも特に規模の大きいものといえば

 

「12月21日はバスケットボールの日」委員会が取り仕切っている

 

「Basketball Birthday Classic」

 

バスケットボールの誕生日でもある、12月21日を祝して行われるイベントで、

 

講演会や歴史の展示の他、なんと一晩中バスケの試合が行われます!

 

もちろん自由参加で、会場にいる誰でもプレーが可能ですよ。

 

また、試合を仕切るスタッフや受付係なども有志で随時募集しているので、

 

試合に参加しなくても会場の熱気を感じることは十分可能です。

 

2015年には、NBAチームの元チアダンサーが登場し大きな盛り上がりを見せました。



バスケットボールの日とは?由来や、12月21日になったのはなぜ? おわりに

 

八村塁選手の大活躍のおかげで、

 

サッカーや野球に影を潜めていたバスケットボール人気は国内で急上昇中です。

 

八村選手凱旋試合となった日本代表国際親善試合は、

 

チケットが一般販売開始9分で売り切れる盛況ぶりで、

 

5,610人の観客が詰めかけました。

 

かつてBリーグが地上波で試合が放送されるようになっても、

 

3千人規模の会場ですら空席が目立ち、「閑古鳥が鳴いている状態」でしたが、

 

今後は、日本人選手の活躍に期待し「バスケットボールの日」イベントも注目され

 

今まで学校の体育の時間でしか触れなかったバスケットボールが

 

もっと身近になっていくでしょう。

 

あなたもぜひバスケットボールをプレイしてみてはいかがでしょうか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!